洗浄力を上げたいなら【お湯洗濯】がおススメ!その驚きの効果とは?!

洗浄力を上げたいなら【お湯洗濯】がおススメ!その驚きの効果とは?!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

洗濯の洗浄力を上げたいなら”お湯洗濯”を始めてみませんか?

日本の一般家庭ではお湯で洗うということは、あまり馴染みがないかもしれませんね。

しかし、クリーニング店では洗濯物の種類によって、洗濯水温を操作するのは基本中の基本。

それだけ効果が高い方法なんです。

こちらではお湯を使って洗濯することのメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

お湯洗濯のメリット

お湯洗濯には非常に多くのメリットがあります。

実はクリーニング店では常温の水で洗う方が珍しいくらいです。

それほど汚れを落とすための有効な手段なんです。

それでは一つずつ見ていきましょう。

皮脂汚れが落としやすい

普段着の洗濯物に付着しやすく、そして落としにくい汚れの代表格でもある皮脂汚れ(油性汚れ)。

この汚れは人間の体温以上になると溶け出して落ちやすくなります。

水道水の水温を一年間の推移で見てもこのような温度(37℃以上)にはなりません。(当然ですが・・・。)

普段使っている常温の水では思うように落とせないんです。

目安としては40℃前後の温水洗いが効果的。

さらに皮脂汚れを落としやすくするために、台所用洗剤なんかで下洗いしておけばバッチリです。

関連記事:台所用洗剤(食器用洗剤)は、洗濯を助ける優秀な前処理剤!

漂白剤が効きやすい

黄ばみや黒ずみ対策には酸素系漂白剤による漂白処理が欠かせません。

しかし、この漂白剤も常温の水ではその力を発揮できないのです。

こちらでもやはり40℃~50℃くらいの温水が効果的。

漂白剤が活発に働いて発泡し、劇的に漂白力を高めてくれます。

関連記事:黄ばみや黒ずみもコレで落とす!酸素系漂白剤の使い方をマスターしよう!

洗剤が溶けやすい

洗浄力を高めるには、やっぱり弱アルカリ性粉末洗剤を使うのが一番。

でも常温の水道水(特に冬場の冷たい水)では溶けにくいんですよね。

これ結構重要な部分で、洗濯物の洗い上がりにも関係してきます。

洗剤がしっかりと溶け切らない間は本来の洗浄力が発揮されません。

お使いの洗濯コースの洗い時間は何分に設定されていますか?

洗剤がしっかりと溶け込んでいないと、洗剤の力が効いてきているのは最後の数分だけかもしれませんよ。

 

デメリットは?

と、ここまではお湯洗濯についてのメリットをご紹介してきましたが、使いどころによってはデメリットになる場合があります。

冒頭に少し触れましたが、お湯洗濯が基本のクリーニング店でも常温水を使うシーンがあるんです。

色落ちしやすい

洗浄力の高さと、色落ちや生地への負担は比例して大きくなっていきます。

もしも濃色のTシャツやパーカーを毎回お湯洗濯していては、アッという間に風合いが変わってしまうでしょう。

色落ちさせたくない場合には水温をできるだけ低く設定した方がいいのです。

モノによっては劣化が進む

特にプリントは剥離やひび割れ、ゴムは変形や劣化の恐れがあります。

「ゴムなんてお洋服と関係ないでしょ?」と思われるかもしれませんが、今人気のストレッチ素材もポリウレタンというゴムのような繊維が使われているのです。

一度変形してしまうと元には戻りません。

洗濯水温はもちろん、乾燥機の使い方にも注意が必要です。

お湯で洗うと縮みやすい?

こんな心配をされる方も多いようですね。

しかし、お洋服が縮む理由についてはこちらのページが詳しいですが、お湯で洗うことが直接の原因として縮む、というケースは少ないです。

もっと言えば水温ではなく、水を使うこと自体が縮む原因を作ってしまっています。

お洋服を取り扱っていくうえで多少の収縮は絶対に避けられません。

”乾燥機を使って、高温で強制的に乾燥しない”など、水温以外の部分での対策の方が大切です。

 

まとめ

やはり洗浄力を上げたいときには、お湯洗濯が超効果的です。

ここを使いこなせると、本当にクリーニング級の洗濯レベルになりますよ。

お湯を使った洗濯と漂白処理を覚えてしまうと、今まで落ちなかった汚れも家庭で落とせるようになります。

例えばクリーニング屋がお湯を使って洗濯と漂白すると・・・。

復元加工後のラペル

こんな感じで汚れを落とすことができます。

当店では復元加工と呼んでいます。

ポイントをおさえておけば、家庭でもこのようなハイレベルな漂白も十分可能です。
(写真のような麻のジャケットは難しいですが。。)

今の汚れ落ちに満足していない方は、是非お湯洗濯にチャレンジしてみてください!