服に使われている繊維の種類と特徴を知りましょう!

服に使われている繊維の種類と特徴を知りましょう!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

はじめての洗濯

お洋服に使われている繊維の種類によって、取り扱いのしやすさや注意点が違います。

お気に入りのお洋服がトラブルにあわないよう、その特徴を知っておきましょう!

種類と特徴

洋服に使われる繊維の種類と特徴は以下のようになっています。

一覧表でサクッとチェックしてください!

繊維の名前 特徴 洗濯は簡単? 乾燥機使える? アイロンかけやすい?
綿 吸水性が良く普段着に最適。強い繊維なので簡単に洗濯できるが、色落ちしやすく、乾きにくく、シワになりやすい。
涼しげな風合いが夏物にピッタリ。色落ちしやすく、シワができやすい上に伸びにくい。 ×
シルク 独特な光沢があり肌触りも滑らか。収縮、色落ち、風合い変化の恐れがあるため水洗いはNG。 ×
ウール 吸湿性、保温性に優れている。水に濡れて力が加わると収縮するので洗濯はなるべく避ける。 ×
カシミヤ ウールよりも風合いが良く柔らかい手触り。風合い変化、収縮の危険があるため水洗いは不可。 × ×
アンゴラ カシミヤ同様上品な風合い。水洗いも絶対に避ける。 × ×
ポリエステル 丈夫で洗濯しやすく、吸水性が小さく乾きやすい。しかし、黒ずみや熱による変形の心配もある。 ○(高温は×)
ナイロン 負荷に強く、乾きやすい。変形するため熱には注意。 ○(高温は×)
アクリル 洗濯は比較的簡単。しかし静電気が発生しやすく毛玉もできやすい。
レーヨン シルクに似た上品な光沢を持つ。水に濡れると強度が下がり縮むので水洗いはNG。 ×
キュプラ 光沢があり高級裏地に使われる。水に弱く縮みやすい。
テンセル 独特の光沢があり婦人衣料に使われることが多い。擦れなどが発生しやすく取り扱いは難しい。
アセテート・トリアセテート 除光液で溶けたり、排気ガスで変色したりとなかなか気難しい繊維。 × ×
ポリウレタン ストレッチ素材に使われる。熱に非常に弱く経年劣化が激しい。組成100%だったら要注意。 ○~△
合成皮革 気軽に皮革製品のファッションを楽しめる。熱や摩擦に弱く、経年劣化が心配される。 × ×
皮革 取り扱いは非常に難しいため極力クリーニングへ。 × × ×
 

洗いやすい繊維

○がついている繊維は家庭で問題なく洗えます。
綿、ポリエステル、ナイロン、アクリル、ポリウレタン(組成が数%の場合)ですね。

△や×がついているものはクリーニングへ出しましょう。
手洗いで洗える繊維もありますが、相応の知識と技術が必要になるので、基本的には家庭洗濯は避けたほうが無難です。

普段着のほとんどは綿かポリエステルが使われていますが、最初は必ず組成表示を見て”何の繊維が使われているか”を確認しましょう。