合成皮革・人工皮革はクリーニングできる?

合成皮革・人工皮革はクリーニングできる?

「合成皮革や人工皮革、買ってみたのはいいけどどうやってメンテンスすればいいの?」
「クリーニングできるのかな?」

そんな疑問にクリーニング店がお答えします!

ところで合成皮革と人工皮革ってなに?

まずは合成皮革と人工皮革について簡単にご説明します。
詳しい構造は置いておいて、雰囲気だけなのでお気軽に。

両方とも布地に樹脂をコーティングしたものです。

ベースとなるものが不織布であれば人工皮革、それ以外の布地であれば合成皮革と分類されています。
言うまでもないですが、天然の皮革に似せて作られ、本革の衣類よりも安価で手に入れることができます。

クリーニングに出すときの注意点

基本的には、取り扱い絵表示に記載のとおりクリーニングします。
また、樹脂がコーティングされているので、長時間洗浄しない、高温で乾燥しない、など対処法も心得ています。

しかし、合成皮革・人工皮革に関しましてはトラブルも多いのが現実です。
その理由は経年劣化です。

経年劣化

恐らく購入時にも説明は無い場合が多く、それがトラブルの原因ともいえますが・・・

合成皮革や人工皮革の樹脂コーティングの寿命は2~3年です!

しかも、買ってからではなく製造されてから2~3年です!

ということは、型落ちを処分セールで買った場合に、買った時点で寿命がすぐそこ!なんてことも有り得ます。

寿命が来るとどうなる?

時間の経過や、着用時の様々な要因により樹脂の分解が進みます。
そのタイミングでクリーニングすると・・・

表面がひび割れて剥離したり、ベタついたり、ヨレヨレになったりします。

そこで前途のような説明が購入時にされていないと「クリーニングで失敗された!」となるわけです。

そのような経験を元に、クリーニング店側が受付時に説明、確認をとるようになりました。

最後に

もちろん、安価に皮革衣類の雰囲気が楽しめるので、悪いことばかりではありません。
(本革は本革でメンテナンスも大変ですし、高価ですから。)

最後に、少しでも長く合成皮革・人工皮革衣類を着られるようお取り扱いの注意点をご紹介します。

ご家庭でのメンテナンス

  • 丸洗いは避け、濡れたりした場合にはタオルなどで拭き取りましょう。
  • アイロンがけは避けましょう
  • 直射日光に長時間当てないようにしましょう。
  • 陰干しして湿気を飛ばしてからクローゼットへ仕舞いましょう。
  • 着用しない時期も時々外に出して陰干ししましょう。