浴衣の着付けと帯の結び方

浴衣の着付けと帯の結び方
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

クリーニング店から浴衣の着方、帯の締め方をご紹介!

今年のお祭りは、浴衣でお出掛けされてはいかがでしょうか?
自分で出来る、浴衣の着付けを丁寧にご説明します。

浴衣の着方

1.浴衣を羽織り、袖山を持って左右対称になっているか確認します。

2.襟の先の方をそれぞれの手で持ち、裾を上げて丈を決めます。

3.左側の身頃(上前)を体に合わせて幅を決めます。

4.上前の幅がずれないように開き、右側の身頃(下前)を合わせます。

5.下前がずれないように押さえながら上前を重ねます。

6.腰紐で押さえ、後ろへ回して交差させ、一度左右にキュッと引きます。

7.前で結び長い部分は挟んでしまいます。

8.両脇から手を前に入れ、おはしょりの底に指を当てて綺麗に整えます。
※おはしょり→丈を決めた時に、腰の辺りに余ってくる生地

9.後ろ側も同様に整えます。

10.背の縫い目(背中心)をつまんで下に引っ張り、衣紋を抜きます。
※衣紋(えもん)→後ろの襟のこと
※衣紋を抜く→後ろの襟と首の間隔を拳ひとつ分くらい空けること

11.襟を合わせて胸紐で結びます。

12.おはしょりの中に手を入れ、二重になっているおはしょりを上に上げて一重にします。

13.帯を締めたときに5cm位出るよう、余分な部分を上に上げます。

14.位置を決めたおはしょりを伊達締めでとめます。
※伊達締め→着物を押さえる幅広の紐

15.前後下に引っ張り、綺麗に整えます。

 

着崩れしないコツ

正しい着付けをすれば着崩れはしない・・・のでしょうが、もっと気軽に浴衣を楽しみたいですよね?

着崩れないためのちょっとしたアイデアをご紹介します。

腰部分の紐だけはきっちり締める

「苦しくならないよう、少し緩めに」という気持ちはわかります。

ただ、最初に締める腰部分の紐、ここだけはしっかりと締めましょう。
むしろ、きつめに締めるのはこの紐だけでいいくらいです。

紐はガーゼ素材やさらしを使う

つるつるとした紐は、最初にきつく締めても段々緩んでしまいます。

摩擦力の高いガーゼ素材や、さらし等を使うと緩みません。

タオルを体に巻く

ずん胴体型に近いほど着崩れしません。
ウェストのくびれ部分など、必要に応じてタオルを巻きつけましょう。

汗取りの効果もあるので一石二鳥です。

文庫結び

1.「手」の部分を残し、「たれ」を1周巻きます。
※手→帯の結ぶ部分、短いほうの先
※たれ→帯の形を作る部分の先

2.「手」と「たれ」を持ってキュッと引き、締めます。

3.同様にもう1周巻き、最後にもう一度締めます。

4.「手」で「たれ」を上から巻いて結びます。

5.「たれ」で肩幅分くらいを測り、折りたたんで「羽根」を作ります。

6.「羽根」の中央に山ひだを作ります。

7.「手」を上から被せ、結び目と一緒に1周巻き、「手」を上に引っ張って締めます。

8.「手」を帯の一番手前に入れ、下から引っ張り出た部分は折り込みます。

9.結び目が隠れるようにしながら、巻いた帯の上部分が水平になるよう整えます。

10.「羽根」の形を整えます。

11.右方向に回します

 

胡蝶結び

1.「手」の部分を残し、「たれ」を1周巻きます。
※手→帯の結ぶ部分、短いほうの先
※たれ→帯の形を作る部分の先

2.「手」と「たれ」を持ってキュッと引き、締めます。

3.同様にもう1周巻き、最後にもう一度締めます。

4.「手」で「たれ」を上から巻いて結びます。

5.「たれ」屏風だたみに折り、「羽根」を作ります。下を大きく、上を小さく。
※屏風だたみ→屏風のようなヒダ(プリーツ)を作る

6.上下の「羽根」を持ち、山ひだを作ります。

7.「手」を上から被せ、結び目と一緒に1周巻き、「手」を上に引っ張って締めます。

8.「手」を帯の一番手前に入れ、下から引っ張り出た部分は折り込みます。

9.結び目が隠れるようにしながら、巻いた帯の上部分が水平になるよう整えます。

10.「羽根」の形を整えます。下部分は下向きに、上部分は上に広げるように。

11.右方向に回します。

方流し結び

1.「手」の部分を残し、「たれ」を1周巻きます。
※手→帯の結ぶ部分、短いほうの先
※たれ→帯の形を作る部分の先

2.「手」と「たれ」を持ってキュッと引き、締めます。

3.同様にもう1周巻き、最後にもう一度締めます。

4.「手」で「たれ」を上から巻いて結びます。

5.「たれ」を結び目から反対側に向け、下の羽根を作ります。
さらに、屏風だたみにし、5cm程ずらして上の「羽根」を作ります。
※屏風だたみ→屏風のようなヒダ(プリーツ)を作る

6.上下の「羽根」を持ち、山ひだを作ります。

7.「手」を上から被せ、結び目と一緒に1周巻き、「手」を上に引っ張って締めます。

8.「手」を帯の一番手前に入れ、下から引っ張り出た部分は折り込みます。

9.結び目が隠れるようにしながら、巻いた帯の上部分が水平になるよう整えます。

10.「羽根」の形を整えます。
2枚の「羽根」はずらして体に添わせ「たれ」は下に流すようにします。

11.右方向に回します。

お祭りが終わったらクリーニングへ!

いかがでしたでしょうか?
着物に関する知識が豊富なスタッフがいるクリーニング店がお届けしました!

着用した浴衣は汗やホコリ、食べ物&飲み物の汚れが付着しています。
お祭り、花火大会シーズンが終わりましたら、是非クリーニングをご検討ください!