【羽毛・ダウン】冬物衣料に大活躍

【羽毛・ダウン】冬物衣料に大活躍
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

羽毛・ダウンについてのお話

羽毛は鳥類の体表を覆う綿毛で、布団や衣類の詰め物として使用されます。
ダウン、フェザー、ファイバーの総称となります。

ダウンは水鳥の胸に生えているもので大変希少です。
フェザーはラージフェザー、スモールフェザーなど形状によってさらに分類されます。

ラージフェザー→スモールフェザー→ダウンの順に空気を抱き込む量が増えるため、保温性が高まります。

それぞれは産地や水鳥の種別により価値も変わってきます。

例えば布団に関しては、ダウンが50%以上含まれるものを羽毛布団、フェザーが50%以上含まれるものを羽根布団と呼びます。
当然ダウンの含有率が大きいほど品質も良く、価値も高くなります。

羽毛・ダウンの特徴

軽くて柔らかく、保温性が高い素材です。

ダウン製品から布団類、枕やクッションなどに使用されます。

熱伝導率の低い空気を抱き込むため、断熱保温材の効果が生まれ防寒具として高い性能を発揮します。

また、圧縮されても回復が早い特性があるため、コンパクトに畳み込む事が可能になり、携帯用衣類としての側面も持ち合わせています。

 

羽毛・ダウン製品のクリーニング

「ドライクリーニングしてください」という洗濯表示のダウン製品が多いですが、本来適しているのはウェットクリーニング(水洗い)です。

ドライクリーニングにより羽毛の油分が奪われて変形し、空気を抱き込む力が半減してしまうからです。
ドライクリーニングで洗浄した際には乾燥が容易である、という利点がありますが、水洗いでは乾燥行程に時間がかかります。

しっかりと乾燥工程を行わないと羽毛が絡みあったままとなり、ダウン製品が本来持っているボリュームが損なわれ、結果的に保温性が低下してしまします。

メンテナンスの際には、信頼のおけるクリーニング店で水洗いしてもらうことをオススメします。