化粧品のシミ汚れを落とす洗濯方法

化粧品のシミ汚れを落とす洗濯方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

はじめての洗濯

化粧品は水で落ちないように作られているので、ほとんどが油溶性です。
文房具もそうですが、そもそも”落ちない”ことを前提に作られているものは、洗濯しても本当に落ちにくいです。

また、化粧品には香料、色素など様々な成分が入っているのでかなり厄介です。
基本的な落とし方としては、化粧落としと同じ考え方になります。

口紅

口紅は油溶性のシミになります。
水洗い洗濯だけでは残ってしまう場合がほとんどでしょう。

ちょっとだけついている場合には、台所用洗剤で下洗いするだけでも落とすことができます。

ワンポイント

べっとりついてしまった場合には、クレンジングオイルを試してみましょう。
汚れてもいいタオルをシミの下に敷き、クレンジングオイルをつけて叩き出していきます。

オイル分が残らないよう、ぬるま湯でしっかりと濯いでおきましょう。

 

ファンデーション

ファンデーションも油溶性のシミ。
ファンデーションは襟周りにつきやすく、洗濯だけでは落ちません。

台所用洗剤や液体洗剤を直接シミ部分につけて、しっかりと下洗いしておきましょう。

ワンポイント

落ちない場合にはクレンジングオイルが効果的です。

手でゆっくりと馴染ませていきましょう。
クレンジングオイルがしっかり行き届くとシミは消えていきます。

マニキュア

マニキュアも、やはり油溶性のシミ。
お洋服でも同じように除光液を使って落とします。

いつものマニキュア落としと同じ考え方ですね。

除光液を塗って優しく叩き落していきましょう。
シミが落ちたのを確認したら、台所用洗剤で仕上げ洗いします。

ワンポイント

お洋服の繊維がアセテート、トリアセテートの場合には、除光液をつけると溶けてしまうので注意してください。

これは洗濯だけに限らず、普段の着用の時も同じです。