体からの分泌物のシミ汚れを落とす洗濯方法

体からの分泌物のシミ汚れを落とす洗濯方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

はじめての洗濯

汗や皮脂などは家庭洗濯で落としたい(落とすべき)汚れの代表です。

これらの汚れはちゃんと落としておかないと、蓄積して最終的には変色してしまいます。
しっかりと正しい洗濯方法をマスターしておきましょう!

汗は水溶性の汚れなので、家庭洗濯でも簡単に落とすことができます。
軽い汗汚れでしたら、水だけでも落とせます。

ただし、時間が経つと黄ばみが発生しますので、早めに洗濯しましょう。

ワンポイント

繰り返しになりますが時間が経つと黄ばんでしまうので、洗濯物を溜め込まないよう、こまめに(特に夏場は)洗濯しましょう。

黄ばんでしまったら漂白処理が必要になります。
40度ほどのぬるま湯に酸素系漂白剤を入れた洗浄液を作り、30分~1時間ほど漬け置きしましょう。

 

皮脂

皮脂は家庭洗濯で落としにくい汚れの一つです。
油性の汚れは水に溶けにくいので、冷水を使った家庭洗濯では完全に落としきれません。

さらに厄介なのが落としきれなかった汚れが蓄積していき、最終的に変色してしまうのです。

シャツの襟は毎日洗濯してるはずなのに気付くと黄ばんでいます。
これは洗濯しても皮脂汚れが落ちていないからなのです。

ワンポイント

油汚れをよく落とす台所用洗剤をシミ抜き剤として代用し、事前に下洗いしましょう。
ぬるま湯と台所用洗剤で揉み洗いします。

その後、普段通り洗濯するようにしてください。

黄ばんでしまった場合には漂白処理で落としましょう。

血液

体からの分泌物の中で最も厄介なのが血液です。
時間が経つと本当に落ちにくくなります。

気付いたら早めの対処を心がけましょう。

ワンポイント

時間の経過や熱により、たんぱく質が固まってしまうことで落ちにくくなります。
漂白するときも水温は必ず40度以下で。

台所用洗剤などで下洗いしてできるだけシミを落としてから、漂白処理を行いましょう。