【保存版】スーツの洗濯と日々の手入れ方法を完璧にマスターする!

【保存版】スーツの洗濯と日々の手入れ方法を完璧にマスターする!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

皆さんスーツの手入れはどのようにしてますか?

  • 「定期的にクリーニングへ出しているよ。」
  • 「洗濯できないから毎日除菌スプレーを吹きかけてる。」
  • 「ほとんど何もしてないよー。」

などなど、いろんな方がいらっしゃると思います。
はたしてどのような方法がスーツにとって一番良いのでしょうか。

間違ったクリーニングor洗濯や手入れでは、美しいシルエットを保つことはできません。

こちらでスーツの洗濯や手入れに関する疑問を、一気に解決してしまいましょう!

スーツの洗濯について

スーツは洗濯機で洗える?

「スーツは家で洗えない。」

これ実は半分ホントで半分間違いです。
知識や技術、経験があれば家庭で洗うことは不可能ではありません。

ただ、そのハードルはかなり高いです。

洗い方を間違えると当然トラブルが起きますし修復も困難。

そのため後述する洗濯方法は、「スーツはこんな方法で洗えるので、ぜひ家庭で洗いましょう!」とおススメするようなものではありません。

仕組みと方法を知り、知識をつけることによって手入れの幅を広げたり、効率よくクリーニング店を使うためにお使いください。

何で水洗いできない?

まずは基本となるこの部分からご紹介していきます。

何で水洗いできない?→縮むから!

結論としてはそうなのですが、その理由を知っておくと色々と便利ですよ。

ウール素材について

一般的なスーツはウール(羊毛)で作られています。

ウールは弾力性、吸湿性、撥水性、保温性に優れ、シワになりにくく上品な風合いが特徴です。

ウール繊維が細くなればなるほど高品質とされ、スーツとして仕立てあがった時の風合いや手触りに表れます。

このように良いところばかりの繊維のようですがもちろんデメリットもあって、摩擦や水分によって収縮や毛羽立ちが起きやすいのが弱点。

そしてその弱点が家庭で洗濯できない理由になります。

なんで縮むのか?

ウールを安易に水洗いするとこのようなメカニズムによって縮んでしまいます。

ウールのスケール

ウールの表面はこのようにウロコ状になっています。

人間の髪の毛と同じですね。

これを”スケール”といいます。

これが水を含むと・・・

スケールが開く

このようにスケールが開きます。

この時点では水に浸かっている状態です。

洗濯していると、それと同時に揉んだり叩いたりという力が加わりますよね。

そうすると・・・

揉み作用が加わる

繊維同士が絡まり合います。

もうすでに嫌な予感がします。(汗)

洗濯しているときにはスケールが開いた状態で揉み作用が加わり続けるんです。

その結果・・・

フェルト収縮する

最終的には絡み合ったままスケールが閉じて、ギュッと縮んでしまうのです。

これをフェルト化収縮と言います。

そうすると縮んでしまうのはもちろん、目が詰まって固くなってしまい、元の風合いは見る影も無くなってしまうんです。

  1. 水分を含んでスケールが開く
  2. 揉み作用によって繊維同士が絡み合う
  3. その結果縮む

ということになるんですね。
これがウール製品を水洗いすると縮んでしまう理由です。

スーツだけでなくニット類なんかも同じ理由で洗濯機を使えません。


水洗いするためには

それでは本題の”どうやって水洗いするか?”ですが、縮む理由がわかっていればその原因を取り去ってあげればいいのです。

  • スケールを開かせない
  • 揉まない&叩かない

ということになります。

これがスーツ(ウール製品)を水洗いするときの基本になります。

スケールを開かせないようにする

完全開かなくするというより、開きにくくするといった方が正しいかもしれません。

そのためには洗剤の力を借りることになります。

一般的な弱アルカリ性粉末洗剤などではなく、いわゆる”おしゃれ着用洗剤”と呼ばれる、デリケート衣類用中性洗剤を使うのです。

中性洗剤のラベル

これらの洗剤では主にシリコン成分を使い、スケールが開きにくくなるような工夫がされています。

また、タンパク質を除去しやすい弱アルカリ性洗剤に比べて、中性洗剤の方が風合いを保ちながら洗い上げることが可能です。

このような洗剤は必須ですよ!

揉まない&叩かないで洗う

一番ベストな方法は手洗いすること。
洗濯機の通常コースなんて絶対に使ってはいけません!

(それが本来の役目なんですが)洗濯中に激しく揉まれて、すっかり縮んでしまうことでしょう。

どうしても洗濯を使うならドライコースや弱水流コースなどを使って、極力機械の力を抑えてあげましょう。

ほとんどドラムが動かないような、漬け置きに近いコースが理想です。

洗濯の手順

それでは実際にウールのスーツを水洗いしてみます。

前項でも推奨したデリケート衣類用洗剤と手洗いで行う方法です。

1.状態をチェック

たたまれたスーツ

洗う前のチェックポイントはこちら。

  • ポケットに忘れ物はないですか?
  • ほつれや損傷はありませんか?
  • 洗剤をつけてみて色落ちしませんか?
  • シルクやカシミアなどさらに取り扱いにくい繊維は入ってませんか?
  • 目立つシミはありませんか?

このような部分をチェックして問題が無ければ洗濯開始です。

上記画像のように、軽くたたんだ状態で洗っていきます。

2.手洗いする

まずはスーツが浸かるくらいの水を用意します。

洗濯槽や桶、深めの洗面台なんかがいいでしょう。

中性洗剤を入れる

まず最初のポイントは少なめの水に洗剤を溶かすこと。

濃度を高くして、スーツに洗剤成分をしっかりと浸透させるためです。

手で押し洗いする

そこに、たたんだ状態のスーツを入れていきます。
前途の通り力が加わると縮みますので、ゆっくりと丁寧に。

十分に浸透したら、少し水を増やしてあげましょう。

そして洗うというよりは泳がせるイメージで押し洗いします。

ゆっくりスーツを沈める→浮いてくる→また沈める、といった具合です。
これを10回ほど繰り返しましょう。

3.すすぎ~脱水

洗いが終わったらすすぎ工程です。

キレイな水に入れ替えながら泡が出なくなるまですすいでいきます。

柔軟剤を入れる

最後は風合いを向上させるため、柔軟剤で仕上げ。

柔軟剤は衣類に残すものなので、すすがずにそのまま脱水工程に進みます。

洗濯機で脱水する

脱水は洗濯機の脱水機能を使いましょう。

高速回転に入ったら10秒ほどで手動ストップ。

これで洗濯工程は全て完了です。

4.乾燥する

乾燥は自然乾燥で。

間違っても乾燥機なんかゴロゴロ回しちゃいけませんよ!

型崩れを抑えるために幅広のハンガーを使い、風通しの良い場所で陰干しします。

5.アイロンがけ

実はここが超難関です。

洗うこと自体はポイントさえ押さえればできるかもしれませんが、アイロンがけはそうはいきません。

どんなに丁寧に洗っても、全体的なシワや若干の収縮は必ず起きてしまいます
それを最終的な仕上げ段階で補正していかなければならないのです。

ちなみに洗い上がりのスーツはこのような状態です。

洗いジワがついたスーツ

全体的に粗ジワが目立ち、裏地もきつくシワが寄っています。

(これでもキレイに洗いあがっている方です。)

洗う前と比較するとこんな感じ。

洗う前と後のスーツ

左が洗う前、右が洗った後になります。

もちろんこのままでは着られませんので、全体的にアイロンをかけなければなりません。
テカらないよう必ずハンカチなどで当て布をしましょう。

アイロン台を駆使して、袖→背中→身頃→ラペル→襟、という順番がおススメ。

一番目立つラペルや襟を、取り回しの際にシワができないよう最後にアイロンがけする方法です。

ちなみにクリーニング店では・・・

プレス機にセットされたスーツ

このような専用プレス機とハンドアイロンを使って仕上げます。

半乾きの状態のまま蒸気と温風でシワを伸ばし、最終的にハンドアイロンで細部を手直しすることで、立体的で美しいシルエットを復元するんです。

注意点

繰り返しになりますが、洗濯の際の注意点はこちら。

  • デリケート衣類用中性洗剤を使ってスケールを開きにくくする
  • 揉まない&叩かないを意識して、丁寧に手洗いする

この2つが最重要項目です。

しかし、スーツの家庭洗濯は本当におススメするものではありません。
シルエットや風合いを保つためには、やはりドライクリーニングの方が適しています。

水ではなく石油系溶剤を使って洗うドライクリーニングでは、理屈上としては収縮が起きることはありません。

スーツを洗いしたいのは汗を多く含む夏場。
ドライクリーニングでは水溶性汚れ(汗)が落としにくいため、水洗いが効果的なんです。

このような理由で、スーツを毎回水洗い洗濯するのはおススメできず、メインの手入れは次の項目でご紹介する日々のメンテナンスになります。


 

スーツの手入れについて

整ったシャツとスーツ

前途の通り、スーツは気軽に家庭洗濯できるものではなく、水洗いできたとしてもスーツに掛かる負担は大きいものになります。

そのため、スーツを美しく清潔に保つためには、日々のお手入れが大切になってくるのです。

こちらで状況に応じた手入れ方法をご紹介していきます。

日々のお手入れ

まずは着用するたびに行う日々のお手入れから。

ポケットチェック

携帯電話、財布、名刺入れ、、ハンカチ、メモ…etc、ポケットの中に忘れ物はありませんか?

一日の終わりには必ずチェックしておきましょう。

必要な時に見つからずに困るだけでなく、スーツが型崩れする原因にもなります。
スーツを脱いだら、まずポケットチェック。

必ず習慣づけてくださいね。

ブラッシング

これが基本中の基本。
1日の着用で付着したホコリを収納前に払い落としてあげましょう。

馬毛など毛先の柔らかいくも弾力があってしなやかなブラシを使うのがおススメです。

KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422

ジャケットは上から下へ。
スラックスも吊るして同じように。

襟やラペルの裏側、ポケットの中までキレイに掃除しておきましょう。

湿気を飛ばす

一日着用したスーツはかなり湿気がこもっているものです。

そのままクローゼットへしまわずに、通気して湿気を飛ばしてあげましょう。

通気性の良い場所に吊るしておいて水分を取り除いてあげてください。

幅広のハンガーで収納

クリーニング屋さんでもらう針金ハンガーや細いプラスチックハンガーで長期間収納していると型崩れを起こす原因になります。

肩幅が合った、幅広のハンガーを用意しましょう。

【NAKATA HANGER (ナカタハンガー)】 レギュラー 木製メンズ スーツハンガー フェルトバー付 スモークブラウン AUT-05SM(w:430)

収納する際にはお洋服同士の間隔を開けるのもお忘れなく。

ギッシリ詰め込んでしまうと湿気が発散しにくく、型崩れやシワが発生する可能性があります。

ローテーション

1日着たら2日休ませる、スーツ3着で着まわしていくのが理想的です。

最低でも2着は用意して交互に着ていきたいですね。

着ていないスーツは通気性の良い場所で陰干しして湿気を飛ばしてあげましょう。

こんな時にはどうする?

対策を考える男性

そんなシチュエーションごとの手入れ方法はこちら。

雨に降られた

まずはしっかりと乾かすことが先決です。

先ほどの洗濯方法でもお話ししましたが、水に濡れている状態で擦ったりするのはNG。

スーツの生地が毛羽立ったり、傷んだりしてしまいます。

乾いたタオルを押し当てて、ある程度の水分を取り除いたら通気性の良い場所にハンガー掛けしておきましょう。

その後、できれば事情を話してクリーニング店にメンテナンスしてもらいましょう。

目立つシミができた

シミはその種類によって落とし方が変わってきます。

そのため”シミはこのように落とします”といった万能なシミ抜き方法はありません

しかも、安易に触ってしまうとシミが落ちないどころか、範囲が広がったり生地が傷んだりします。

濡れたタオルを押し当てる程度で落ちなければ、そのままクリーニングに出しましょう。

シワができた

サッとアイロンをかけられるようにするのが理想的ですが、そうでなければ霧吹きしてハンガーで吊るしておきます

これだけでもある程度のシワは伸びるんです。

その他には入浴後の浴室に干しておく方法も簡単。

いずれも水分を与えてシワを伸ばすので、その後十分に湿気を飛ばしてあげる必要があります。

イヤな臭いがする

たばこや焼き肉の煙によるイヤな臭い・・・、気になりますよね。

そのようなときは霧吹きしてから風通しの良い場所で乾燥してあげましょう。

水分が臭いの元を抱き込んで一緒に蒸発してくれます

除菌スプレーを吹きかける方も多いとは思いますが、その主成分は水です。
霧吹きだけでも十分に効果があるのでぜひお試しください。


重要なところはさらに詳しく!

シチュエーションごとの手入れにも関連しますが、重要なところをさらに詳しく見てみましょう。

普段の手入れに+αすることで、スーツを良い状態でキープすることができますよ。

アイロンがけ

なんかくたびれた感じになってきたなぁ、と感じたら簡単にアイロンがけしてあげましょう。

ちなみに今流行なのは、アイロンプレスするのではなくスチーム(蒸気)をあてることを主目的としたハンディスチーマーです。

パナソニック 衣類スチーマー ブラック NI-FS470-K

スーツやコートなど簡単に家庭洗濯できないお洋服のお手入れにはピッタリです。

本題に戻って・・・ここからは本気のアイロンがけではなく、短時間で見栄えをよくする方法をご紹介していきます。

1.全体的な粗ジワはスチームで

アイロン前のスーツ

着られないほど汚いという訳じゃありませんが、全体的にヨレっとした風合いで胸元の立体感も失っているジャケットです。

まず全体の薄い粗ジワはスチームをあてて伸ばしてあげましょう。

スチームをあてる

ハンガーに吊るしたまま、アイロンのスチームをあてていきます。
ウールはシワが伸びやすいので、これくらいでも十分シワは伸びていきます。

アイロン面はくっつけずに、スチームだけをあてるイメージです。

肘、背中は特にシワになりやすいので、しっかりとチェックしておきましょう。

2.ラペルを浮き上がらせる

続いてラペルを立体的に浮き上がらせて、胸元の表情を美しくさせてあげます。

ラペルの裏側からアイロンをかける

当て布をして、ラペルの裏側からアイロンを入れていきましょう。

ゴシゴシとアイロンで擦る必要はありません。
アイロンの重みで十分シワは伸びるので、サッと往復させるだけでOKです。

アイロン後のスーツ

そうすると、このようにラペルが浮き上がり、上品で美しい胸元を演出できます。

大事な商談や初対面のお客様と会う時には、今回のように簡単でもいいのでアイロンをかけておくのがおススメですよ。

夏の汗対策

夏のビジネスマン

夏でもジャケット着用の営業マンの方は、スーツが汗まみれになって手入れにお困りではないですか?

汗を溜め込んだスーツはゴワゴワした着心地で風合いも悪くなり、生地にもよくありません。

本当はプロのクリーニング店で定期的に汗抜き(先ほどご紹介したようなスーツの水洗いのこと)を依頼するのがベストです。
こちらでは自分で簡単に手入れ方法をご紹介します。

1.濡れタオルで汗を吸い取る

襟や脇など汗が付着しやすい箇所は濡れタオルで汗を吸い取ってあげましょう。

ここでも擦ったり揉んだりするのはNG。

タオルを押し当てて離す、を数回繰り返しましょう。

2.臭い対策する

霧吹きや消臭除菌スプレーを軽く吹きかけてあげましょう。

ただしやりすぎには注意。
水分を含ませすぎると風合いが変化するかもしれません。

全体的にうっすらと湿る程度、もしくはそれ以下の量に留めておきます。

3.しっかりと乾かす

ココは大切です。

水分を含んだまま収納してはいけません。

必ず通気して、完全に湿気を飛ばしてあげましょう。

関連記事:【夏スーツの汗対策!】便利グッズやお手入れ方法を総まとめ 

虫食いや変色を防ぐ保管方法

保管中のスーツ

スーツを季節保管するときにはいくつかのポイントがあります。

害虫にとって良質なウールのスーツはそれ自体が美味しい食べ物です。

特に虫食いや変色には注意しておかないと、着ようと思ったら「あれー?こんな穴なかったのに!(泣)」なんてことに。

汚れをしっかりと落としておく

ポリエステルなどの化学繊維であっても、害虫に汚れ(食べ物)と一緒にかじられて生地に穴が開くことがあります。

また、汚れが残っていると時間の経過とともに酸化して変色することも。
スーツに限らず、長期収納前にはしっかりと洗濯しておきましょう。

皮脂汚れは家庭洗濯では落としにくいので、クリーニング店に依頼してドライクリーニングするのもよいでしょう。

防虫剤を適切に使う

防虫剤を使っていても、その使用方法を間違えると効果が半減してしまいます。

一般的に防虫剤の効果は上から下へ降りてくるので、お洋服よりも上に設置しなければなりません

またガス化してクローゼット内に充満させるタイプは、なるべく外に逃げないよう扉の開閉にも注意しなければなりません。
長期収納用のクローゼットはむやみに開け閉めしないよう注意したいものです。

防虫性能付きのガーメントカバーや、お洋服そのものに防虫効果を付与するクリーニング店の防虫加工なども併せて対策すると、より効果的です。

関連記事:虫食いを止めたい!あなたの大切な服を食べる虫はこんなヤツらです

クリーニングについて

クリーニングされたスーツ

クリーニングは適切な頻度で使いましょう。
クリーニングのしすぎはスーツを確実に傷めます。

上記のような日々の手入れをメインに長期収納前にクリーニング、というワンシーズンに1回がおススメです。
その他、目立つ汚れが付着したり、きついシワがどうしても伸びない時に+αで利用しましょう。

特に汚れやシミに関しては安易に自分で処理しようとすると、汚れの範囲が広がったり、生地を傷めたり、シミが落ちにくくなったりします。

大切なスーツなら、まずはクリーニング店へ相談してみてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

スーツの洗濯はできなくはないですが、初心者さんには少々ハードルが高いのが現実です。

洗濯の知識もアイロンの技術もプロ並み!という自信がある方以外はおススメできません。

基本的には毎日の簡単な手入れがメインとなり、シーズンオフや夏場の汗抜きでクリーニング店を利用する、というのが基本になってきます。

ちょっとした工夫と手間で、スーツを常に美しくキレイに保つことができます。
忙しい毎日だとは思いますが大切なスーツのため、ぜひ実践してみてくださいね!