スーツのクリーニング代を節約する5つの方法

スーツのクリーニング代を節約する5つの方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

スーツは毎日着るもの・・・。
だからこそクリーニング代を少しでも節約したい。

その思いにクリーニング店がお答えします!

スーツのクリーニング代を節約しましょう!

スーツは日々のお手入れがとても重要です。
過剰な回数のクリーニングは生地を痛める原因になります。

ビジネスパーソンの皆様は日々お忙しいとは思いますが、帰宅後の3分だけお手入れに時間を割いてはいかがでしょうか?

回数を減らすことでクリーニング代の節約になりますよ!

1.ハンガーに掛けて陰干し

着用後のスーツはすぐにクローゼットへ仕舞わずに、ハンガーに掛け、陰干ししてください。

1〜2日程通気し、湿気を取り除く事でカビや臭いを予防します。
使用するハンガーは型崩れしにくいよう、幅広のハンガーを使用しましょう。

さらにハンガーは木製がよい、とされています。
これはスーツが含んでいる湿気、臭いを木が吸収してくれる除湿効果、消臭効果が期待できるからです。

2.ブラッシング

湿気を除去したら、ハンガーに掛けたままブラッシングしてください。

まず、下から上にブラッシングし、ホコリを浮き上がらせ、今度は逆にブラッシングしましょう。

こうする事で、光沢もでてきます。

3.ローテーション

1着のスーツを毎日着用するとすぐにシワが目立ってきますし、生地が傷みやすくなります。

スーツも休ませる事が必要です

可能ならば1と2のお手入れを、3〜5着程のスーツでローテーションさせていくのがベストです。
1日〜2日休ませる時間を作るとすると、最低でも3着ローテーションとなります。

2着ローテーションでは不測の事態(破損してリフォームへ、汚れてクリーニングへなど)に対応できません。

4.自宅でお洗濯

おすすめしませんが、「アイロンがけはプロ級!」という方はチャレンジしてください。

まずは、洗濯方法です。

  1. デリケート衣類用の洗剤を使用して洗浄液を作る。(使用方法は洗剤メーカーさんの指示に従ってください。)
  2. スーツをキレイにたたんだ状態で押し洗いする
  3. 洗いは極力衣類を動かさないよう注
  4. 水を入れ替え濯ぐ
  5. 短時間、弱脱水
  6. ハンガーに掛けて、形を整えて陰干し

ここまでは、プロのクリーニング店の水洗いでもほぼ同様です。

しかし、この後のアイロンがけ仕上げ工程が非常に難しいです。

水洗いですと、スーツの型崩れが起きています。

前途の通り、アイロンがけがプロ並みの技術をお持ちでない場合にはおすすめしません。

5.クリーニング店のセールを狙う

クリーニングに出す際にはセールの日を狙いましょう。

ほとんどのクリーニング店では、積極的にセール告知やクーポンの配布を行っているのでアンテナを高く張っておきましょう。
毎月○○日は、毎週○曜日は、など定期的にセール日があるお店もあります。

スーツのクリーニンング料金は地域によっても違いますが、概ね1000円〜2000円の間だと思います。
チェーン展開している様なお店で1000円前後、職人さんが仕上げてくれる様な個人店で1500円前後のようなイメージです

普段使いのスーツはチェーン店、ここぞという時の勝負スーツは個人店など使い分けるのもよいでしょう。