シャツの襟や脇の黄ばみ、嫌な臭い、すべては【この洗濯方法】で落とす!

シャツの襟や脇の黄ばみ、嫌な臭い、すべては【この洗濯方法】で落とす!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

洗濯物の臭いが気になる女性

襟or脇の黄ばみや嫌な臭いなど、お洋服のお手入れに関する悩みはつきません。

でも、なんでちゃんと洗濯しているのにこのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか。

実はそれには理由があるんです。

黄ばみや嫌な臭いを落とす洗濯方法と、そこで使う洗濯用品について詳しくご紹介しますよ!

トラブルの原因

前途のとおり、黄ばみや嫌な臭いが発生するのにはちゃんとした理由があります。

原因がわかれば対策も立てられるはず。

それぞれのトラブルの原因はこちら!

襟や脇の黄ばみ

襟が黄ばんだシャツ

特にシャツ類はちゃんと洗濯しているはずなのに襟周りや脇の下が黄ばんでくることがありますよね。

これは皮脂などの汚れが時間の経過とともに酸化して起こるもの。

皮脂は家庭で落としにくい汚れの代表格です。

動物性油脂は油性の汚れにあたるので、そもそも水洗いでは落としにくい汚れになります。

また、クリーニング店では洗濯水温を上げて皮脂を落としやすくしますが、ほとんどのご家庭では常温水を使って洗濯しますので、やはり汚れ落ちは悪くなります。

この残った皮脂汚れが酸化することで黄ばみとして目に見えるようになるんですね。

嫌な臭い

洗濯物から発生する嫌な臭いは、主に雑菌の仕業です。

菌そのものは無臭といわれていますが、繁殖する際にあの嫌な臭いを発生するそうです。

菌は洗濯物に残った汚れをエサにします。

菌はそこら中にいるのですから、洗濯物に汚れがある限りは臭いを発生する危険性があるのです。

また、洗濯直後は大丈夫だったのに、着用してしばらくすると臭くなってくることがありますよね。

これは洗濯物に汚れが残っているうえに着用することで適度な水分が与えられ、菌の活動が活発になるために起こるニオイ戻りという現象です。

実は原因は同じ!

気づいていただけたでしょうか。

実はどちらも洗濯で落としきれなかった汚れが原因になっているのです。

そしてそれは主に皮脂など人間の体から分泌されている汚れ。

落としきれなかった汚れは当然次の洗濯でも落とせず、それどころか着用の度に新たな汚れが付着するのでどんどん蓄積されていってしまうのです。

思い切り溜め込んでしまった汚れはプロでも落とすのが困難に。

早めの対処が◎です!

 

全てを解決する洗濯方法

洗濯後の白いシャツ

それでは黄ばみや臭いを落とすための洗濯方法をご紹介していきます。

普段の洗濯から比べると手間がかかりますが、慣れてしまえばそれほど難しい作業ではありません。

ぜひチャレンジしてみてください!

部分洗いする

襟や袖、長袖ならば袖口などが汚れやすい箇所になります。

ここを重点的に部分洗いして洗濯前に下処理しておきましょう。

基本的なイメージとして汚れの構造はこのようになっています。


見ておわかりいただけると思いますが、一番上の層が皮脂などの油性汚れ。

ここをしっかり落としておかないと、他の汚れは落としにくくなります。

まずはじめに油性汚れを落とす。

これはプロの染み抜きでも同じで、汚れ落としや染み抜きの基本です。

1.ぬるま湯で濡らす

襟をぬるま湯で濡らす

まずはぬるま湯を使って汚れている箇所を濡らしていきましょう。

乾いた状態でいきなり洗いはじめてはいけません。
ぬるま湯で濡らしておくことで洗剤成分が繊維の奥まで浸透しやすくなります。

2.部分洗いする

固形せっけんで下洗いする

準備が整ったら部分洗いしておきましょう。

  • 洗濯用固形石鹸
  • 食器用洗剤

どちらも皮脂汚れには効果的です。

汚れた箇所に塗り込んで揉み洗いしていきます。
あまりに力を入れすぎると記事が毛羽立ったりするので、様子を見ながら丁寧に。

黄ばんでいる場合にはこの工程だけでは真っ白にはなりませんが、「薄くなってきたかな?」と感じるくらいになれば下準備はOKです。

この下洗いは、黄ばみや臭いに困ってからやるのではなく、普段の洗濯でも取り入れていただきたい大変効果的な一手間になります。

洗浄力を上げる

40℃ほどの温水

弱アルカリ性粉末洗剤+40℃ほどの温水

この組み合わせで普段よりも洗濯の洗浄力を上げましょう。

最近は柔軟剤入り洗剤やデリケート衣類用中性洗剤など、様々なタイプの洗剤がありますが、こと洗浄力を上げることを目的とするならば弱アルカリ性の粉末洗剤が効果的。

水温が40℃ほどになりますと、洗剤に配合されている漂白剤や酵素の働きが活発になります。

洗剤の力を最大限発揮するためには非常に効果的な方法です。

※洗濯されているお洋服で、しっかりと部分洗いしてある場合にはこの工程は省いても大丈夫です。

浸け置き漂白する

最終的にはこの漂白処理が大きな役割を果たします。

特に黄ばみをキレイに落とすためには漂白処理は必須です!

使う漂白剤は酸素系漂白剤

塩素ではないですよ。
塩素系ですと色柄物には使えませんし、一度色が抜けてしまうと再度着色するのも困難です。

大事なことなのでもう一度。

酸素系漂白剤を使います!

1.温水を用意する

50度近くの温水

酸素系漂白剤は40℃~50℃ほどの温水でもっとも高い効果を発揮します。

常温水では黄ばみを除去するような漂白力は得られませんのでご注意ください。

漂白したいお洋服がそれほど多くないのでしたら、洗面台や桶を使うのがよいでしょう。

2.洗濯物を浸け込む

黄ばみを落としたい、嫌な臭いを消したい洗濯物を漂白剤を入れた溶液に投入して浸け置きしましょう。

目安としては30分~1時間ほどです。

時間が長くなると水温が下がってくるので、蓋をしたり差し湯したりしてなるべく水温を保つように工夫してみてください。

漂白作業が終わったらよく濯いで乾かすか、そのまま普段通り洗濯してしまっても構いません。

酸素系漂白剤

このように洗浄力と除菌力をアップ、そして黄ばみをキレイに除去するためには酸素系漂白剤が欠かせません。

この洗濯方法は是非覚えておきたいテクニックです!

ワイドハイター

ワイドハイターEX 粉末タイプ 本体 530g

酸素系漂白剤の代名詞といえるほど知名度があるのは、花王さんのワイドハイター。

粉末タイプと液体タイプが用意されています。

厳密にいうと粉末と液体では成分が違うのですが、じっくり浸け置き漂白したいなら粉末、日ごろの洗濯で洗浄力&除菌力を上げたいなら液体という認識でOKです。

粉末ワイドハイターの価格をチェックする
液体ワイドハイターの価格をチェックする

ブライト

ブライトW 衣類用漂白剤 本体 600ml

ライオンさんからはブライト。

ジェルタイプになっているので、部分的な漂白にも使いやすいのではないでしょうか。

ブライトの価格をチェックする

シャボン玉石けん酸素系漂白剤

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

こちらは過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤です。

ナチュラルクリーニングを掲げるシャボン玉さんらしい自然派漂白剤ですね。


シャボン玉せっけん酸素系漂白剤の価格をチェックする