持ってるワイシャツがドライクリーニング指定なんだけど・・・なんで?

持ってるワイシャツがドライクリーニング指定なんだけど・・・なんで?
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

綿のワイシャツなのに水洗いじゃなくてドライクリーニング指定?

恐らくそのワイシャツは高価なものではないですか?

そのような高級ワイシャツの中には水洗い不可、ドライクリーニングしてください、というものが確かにあります。

一般的に洗濯しやすいといわれている綿素材なのになんでドライクリーニング指定なのでしょうか。

こちらではその理由と適したお手入れ方法をご紹介します。

なぜドライクリーニング指定なのか

高級なワイシャツは繊維自体が細く上質な綿が使われていることが多いです。

そのようなワイシャツは一見シルクのような光沢と滑らかな肌触りを持っています。

上品な麻素材のワイシャツなんかも高価になりますね。

これらは一般的なワイシャツと同じような洗い方では型崩れや風合いを損なう恐れがあるのです。

iso-7

例えば、一般的なワイシャツの洗濯マークはこのような絵表示になっています。

これは40度まで水温を上げて洗濯機で洗えるという意味です。

洗濯水温を上げることで、洗剤や漂白剤の効き目を良くし、強い洗浄力でより白く洗い上げることを目的としています。

しかし、このような洗浄力重視の洗い方は、高級素材のワイシャツにとっては強すぎるのです。

 

ドライクリーニングでは汚れは落としきれない

このような理由で高級ワイシャツはドライクリーニング指定となっているのですが、ここでも問題が発生します。

ドライクリーニングは水ではなく有機溶剤で洗う洗浄方法。

油性汚れは落としやすいですが、汗などの水溶性汚れを落とすことは不得意なんです。

そのためドライクリーニングだけではサッパリと洗い上げることができず、白さを際立たすこともできません。

本来ドライクリーニングという手法はワイシャツには適していないのです。

技術のあるクリーニング店に相談しましょう

このようなワイシャツは”デリケートな水洗い”が適しています。

しかし、普通にクリーニング店に持ち込んだ場合にはあくまでワイシャツとして取り扱われるため、非常に強い洗浄とプレスでクリーニングされる可能性があるのです。

かといって、洗濯表示通りのドライクリーニングを行ったところで汚れは思う様に落ちません。

  • ドライクリーニング指定になっているけど型崩れしないよう水洗いしてくれる
  • プレス機を使わずハンドアイロンで手仕上げしてくれる

このようなクリーニング店に依頼しなければなりません。

大切なワイシャツである事を伝えて適した方法でクリーニングしてもらいましょう。

「どのようなクリーニングをしてくれるか?」という質問に、上記のような対応を提案してくれたとしたら、そのお店には安心して預けても大丈夫でしょう。