【プロが解決!】洗濯機の手洗いコースと毛布コースって何が違うの?

【プロが解決!】洗濯機の手洗いコースと毛布コースって何が違うの?
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

洗濯の素朴な疑問

主婦が抱える洗濯への疑問を、プロのクリーニング屋が解決します!

今回は「洗濯機の手洗いコースと毛布コースって何が違うの?」という疑問。

確かに洗濯機って○○コースと、色んな名前がついたプログラムが設定されていますよね。

しかし、「何だかとくわからないから、とりあえず標準コースで!ポチっ!」という方が多いのではないでしょうか。

でもこれじゃ勿体ないです!
洗濯コースを使い分けると、洗濯物の種類に合った適切な洗い方ができるようになるんですよ!

手洗いコースと毛布コースって何が違う?

お悩み主婦さん
洗濯機に毛布コースとか、手洗いコースとか色んな名前がついた洗い方があるみたいだけど、何が違うの?
センタクマニア
はい、でも・・・。それは洗濯機のメーカーさんが独自につけた名前なので、業界で共通の決まりはないんです。
お悩み主婦さん
そうなのね?!
センタクマニア
その名前から察するに、毛布コースは水量が多くて洗濯時間も比較的長めに設定されているのではないでしょうか。手洗いコースはその名の通り、優しく手洗いしているように、負荷をおさえて洗えるようになっているはずです。
お悩み主婦さん
なるほど。もう少し詳しく教えてほしいな。
センタクマニア
はい。毛布はいわゆる大物洗いになりますから、それなりに水を入れて強い水流で洗わないと上手に洗えません。特に最近の洗濯機は節水仕様で水量が少なめに設定されていますからね。
お悩み主婦さん
うんうん。確かに水が少なかったら毛布は洗えないね。じゃあ手洗いコースは?
センタクマニア
手洗いコースは、デリケートなお洋服なんかを優しく洗うためのプログラム。洗濯中にほとんどドラムが回らず負荷を抑えて洗えます。時間も短めに設定されています。
お悩み主婦さん
何が違うのかな?と思っていたけど・・・全然違う洗い方なんだね!
センタクマニア
そうですね。(苦笑)でも使い分けることができると、とっても便利ですよ。
お悩み主婦さん
そうだね。他にはどんなコースが用意されてるのかな?
センタクマニア
よくあるのはスピードコース。洗濯時間が短くて、濯ぎも1回など、汚れが少ない洗濯物向きのコースですね。流行りのコンパクト洗剤にもピッタリです。
お悩み主婦さん
なるほど。他には他には?
センタクマニア
もっとこだわりたい方は、カスタム設定できるコースがいいですね。シワを抑えたいときは脱水短め、小さい子がいるから濯ぎを3回にして洗剤を残さない、など自由自在です。
お悩み主婦さん
おぉっ!便利そう!
センタクマニア
そこまで上手に洗濯できるようになると、結果的にお洋服が長持ちすることにもつながります。是非そのレベルを目指してもらいたいですね。
お悩み主婦さん
そっか。もう一度洗濯機の説明書を見直してみようかな。
センタクマニア
それはいいですね!洗濯機メーカーさんもいろんな機能をつけてくれてるので、使いこなせたら便利だと思いますよ!
 

ポイントをおさらい

それでは、今回の”手洗いコースと毛布コースって何が違うの?”という疑問についてのポイントをおさらいしておきましょう。

洗濯コースの呼び名について

洗濯コースの名前はメーカーさんが独自につけているので、共通した決まりごとはありません。

それが混乱を招いている部分もあるので、色々な呼び名を確認しておきましょう。

時間が短縮されているプログラム

洗濯時間を短く、濯ぎ回数を減らすことによって全行程の時間を短縮したプログラムです。

  • 倍速コース
  • スピードコース
  • 時短コース

このようなコースにコンパクト洗剤を組み合わせて洗う時短洗濯は、今や当たり前の洗濯方法になりましたね。

大きい洗濯物を洗うプログラム

毛布、タオルケット、カーテンなど、いわゆる大物を洗うプログラムです。

給水量が多く、強い水流で洗える設定になっていることが多いです。

  • 毛布コース
  • 大物洗いコース

優しく洗うプログラム

デリケートな素材や、装飾があるお洋服を洗うために、負荷を抑えたプログラムになります。

全行程を通して短時間、洗濯槽をほとんど動かさずに優しく洗えます。

ちなみに、ドライマークコースという呼び名で勘違いして「ドライクリーニングできるの?」と勘違いされる方も多いのですが・・・、家庭でドライクリーニングはできません!

ドライクリーニングとは水ではなく、有機溶剤を使って洗うクリーニング方法です。

  • ドライマークコース
  • 手洗いコース
  • デリケートコース

洗濯コースの使い分け

基本的には標準コースでしっかりと洗うのがおススメです。
汚れが落としきれていないと、時間の経過とともに酸化して変色してしまいます。

汚れた洗濯物が少ないならコンパクト洗剤+スピードコースで時短洗濯してしまうのもいいですね。
その際には、襟袖など汚れやすい部分は下洗いしてから洗濯すると効率よく洗うことができます。

手洗いコースはお好みで。
(個人的には洗濯機を使うよりも自分で手洗いした方が安心ですし、経済的だと思ってます。)

このように洗濯物の種類によって使い分けることができれば、立派な上級者ですよ。
一度、お持ちの洗濯機にはどのようなプログラムが組まれているか確認してみてはいかがでしょうか。