【プロが解決!】布団を日光に当ててるんだけどダニは退治できてるの?

【プロが解決!】布団を日光に当ててるんだけどダニは退治できてるの?
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

洗濯の素朴な疑問

主婦が抱える洗濯への疑問を、プロのクリーニング屋が解決します!

今回は「布団を日光に当ててるんだけどダニは退治できてるの?」という疑問。

奥さんが晴れた日にベランダへ布団を出して、パンパンと叩いている光景はよく見ますよね。

確かに一見ダニ退治に効果がありそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

実は・・・けっこう難しい問題なんですよ!

洗濯機のドライコースって、ドライクリーニングみたいに洗えてないの?

お悩み主婦さん
子どもが小さいから布団のダニが気になるんだよね。晴れた日に布団を外に出して干したりしているんだけど、これってどれくらい効果があるんだろう?
センタクマニア
端的に言うと、恐らく期待しているような効果は出ていないと思います。
お悩み主婦さん
えぇ?!そうなの?
センタクマニア
はい。(苦笑)日光が当たっている表面はダニが死滅する温度まで上昇していると思いますが、布団の中までは届いていません。布団の中にいるダニは生き残っている可能性が高いです。
お悩み主婦さん
そうか・・・。言われてみればそんな気もするな。
センタクマニア
布団のダニ対策はけっこう難しい問題です。一口にダニ対策といっても、成虫と卵やフン、死骸などでは対策が変わってきます。
お悩み主婦さん
うわぁ・・・、なんか怖い話になってきたぞ。
センタクマニア
実際はダニの成虫そのものではなく、その死骸やフン、卵を吸い込んでしまうことがアレルギーの原因です。成虫を退治してもその他のダニアレルゲンが残っていればダメですし、逆に成虫が残っていればダニアレルゲンは発生します。そちらか一方の対策では不十分なんです。
お悩み主婦さん
なるほど。もう少し詳しく教えて。
センタクマニア
はい。まずダニアレルゲンは洗濯で洗い流したり、掃除機で吸い取ることで除去できます。念入りにハタキで叩いていくのもいいでしょう。しかし、成虫はこれだけでは退治できません。
お悩み主婦さん
しぶとい奴ね!!
センタクマニア
そうですね。(苦笑)成虫は天日干ししても布団の中の方に逃げていきます。さらに洗濯で丸洗いしても、しがみついて流されないようですよ。
お悩み主婦さん
なにー!それは凄いな。
センタクマニア
そうなんです。成虫を退治するにはいくつか方法がありますが、一番現実的な方法は乾燥機に入れることです。50℃以上の高温になると、ダニは生きていけないそうですよ。ただし、50℃で40分ほど乾燥しなければ全てのダニが死滅しなかった、なんてデータもあるので長時間乾燥する必要があるかもしれません。
お悩み主婦さん
もう怒る気にもなれなくなってきたよ・・・。
センタクマニア
(苦笑)。なので一番効果的なのは、クリーニングかコインランドリーで、丸洗いと高温乾燥することです。
お悩み主婦さん
そうか。面倒ならプロに任せちゃえばいいし、節約したいならコインランドリーだね。
センタクマニア
そうですね。ダニは家中にいるので全てのダニを退治するのは難しいかもしれませんが、少なくとも肌に触れるようなものは対策しておきたいですね。
お悩み主婦さん
そうだね。よし、早速布団を洗いに行こう!
 

ポイントをおさらい

それでは、今回の”布団を日光に当ててるんだけどダニは退治できてるの?”という疑問についてのポイントをおさらいしておきましょう。

意外と難しいダニ退治

ダニ対策は、成虫とダニアレルゲン(死骸、フン、卵など)両方に対策しなければなりません。

どちらか一方の対策では不十分なのです。

さらに、やっかいな事にそれぞれ対処方法が異なります。

丸洗いと乾燥機

布団のお手入れといえば、天気のいい日に天日干しすることだと思いますが、それでは表面的な部分しか効果がありません。

効果的な方法はこちら。

まず丸洗いすることで、ダニアレルゲンを洗い流すことができます。

そして50℃以上の高温で乾燥することにより成虫を退治することができます。

クリーニング、もしくはコインランドリーで洗い→乾燥を行うことでダニを一掃できるはずです。

少々手間はかかりますが、直接肌に触れるようなものは定期的にお手入れしておきたいですね。