【プロが解決!】洗濯機いっぱいに洗濯物を入れても大丈夫なの?

【プロが解決!】洗濯機いっぱいに洗濯物を入れても大丈夫なの?
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

洗濯の素朴な疑問

主婦が抱える洗濯への疑問を、プロのクリーニング屋が解決します!

今回は「洗濯機いっぱいに洗濯物を入れて洗っても大丈夫なのかな?」という疑問。

確かに、家族全員分の洗濯物を洗おうとするとドラムから溢れそうなくらいの量になって、ちゃんと洗えるか心配になりますよね。

かといって、2回に分けて洗うのも面倒だし・・・。
そんな洗濯物の量に関する疑問に答えていきますよ!

洗濯機いっぱいに入れても大丈夫?

お悩み主婦さん
ウチは4人家族なんだけど、子供が洋服を汚してくるから洗濯物が多くなっちゃって・・・。気づくと洗濯機がいっぱいになってる。大丈夫かな?と思いながらも洗濯してるけど汚れ落ちはどうなんだろう。
センタクマニア
結論からいうと、あまりよくないですね。(苦笑)
お悩み主婦さん
まぁ、そうだよね。(苦笑)なんとなく気づいてはいたけれど・・・。
センタクマニア
はい。適量で洗わないと汚れは落ちません。
お悩み主婦さん
適量っていうのはどれくらい?
センタクマニア
見た目でいうと洗濯槽の7分目位です。
お悩み主婦さん
意外とたくさん入れても大丈夫なんだね。少なければ少ない方がいいような気がしてたけど。
センタクマニア
はい、そのような勘違いをされている方は多いです。
お悩み主婦さん
少なすぎず、多すぎず、7分目位っていうのはどういう理由なの?
センタクマニア
それは洗濯中の機械力に関係してきます。
お悩み主婦さん
機械力?
センタクマニア
洗濯物にどれだけの負荷をかけて洗うかということ。簡単にいうとゴシゴシ力を入れて揉み洗いするのと、優しく手洗いするのでは洗浄力も変わってきますよね。基本的にはしっかりと力が加わるほど汚れは落ちます。
お悩み主婦さん
もちろんそうだよね。
センタクマニア
縦型洗濯機は強い水流で洗濯物同士がもみ合うことで汚れを落とします。ドラム式洗濯機は洗濯物が上から下へ落ちるときの力によって汚れを落とす叩き洗いです。
お悩み主婦さん
なるほど。
センタクマニア
そのため洗濯物の量が少なすぎると重みが足りず、負荷が小さくなるので汚れが落ちません。また、多すぎると洗濯物がドラム内で動くことができず、ただ水で濡らしてドラムが回っているだけという状態になってしまうので、やはりこちらも汚れ落ちが悪くなります。
お悩み主婦さん
だから7分目位がちょうどいいのね!
センタクマニア
そうなんです。機械力は、洗剤や洗濯水温と同様に、洗浄力を左右する重要なポイントです。入れすぎは本当に汚れ落ちが悪くなるので注意してくださいね。
 

ポイントをおさらい

それでは、今回の”洗濯機いっぱいに洗濯物を入れて洗っていいの?”という疑問についてのポイントをおさらいしておきましょう。

洗濯物の量は7分目

この位が目安となります。
洗濯物が多すぎても少なすぎても汚れ落ちが悪くなるので注意が必要です。

汚れ落ちに深く関係する要素はこの3つ。

  • 機械力→適切に力を加えることで汚れ落ちアップ
  • 洗剤→洗剤のパワーで汚れ落ちアップ!
  • 洗濯水温→温度が上がるほど汚れ落ちアップ

どれが欠けても洗浄力は低下します。
それだけ適量で洗うのは大切なことなんです。

しかも、汚れ落ちないだけでなく濯ぎも悪くなるので、洗濯物に洗剤成分が残ってしまうこともあります。
適量で洗うことが上手に洗濯するポイントです。

部分的に下洗いしておく

どうしても洗濯物が多くなりがちならば、ひどい汚れだけ下洗いしておくのも効果的です。

襟や袖など汚れやすい部分は、台所用洗剤は使って揉み洗いしておきましょう。
この一手間で汚れ落ちは格段に上がります。

関連記事:台所用洗剤(食器用洗剤)は、洗濯を助ける優秀な前処理剤!

特に子供服の泥汚れなんかは、しっかりと力を加えて叩き出さなければ思うように汚れは落ちてくれません。
台所用洗剤でも勿論OKですが、下洗い用なら洗濯用の固形石鹸もおススメです。

2回に分けましょう

やはりこれが基本です。

汚れ落ちもそうですが、しっかりと仕分けて洗うことで、お洋服に合わせて洗い方を変えたり色移りを防いだりすることができます。

例えば濃色のお洋服は中性洗剤で洗うことで色落ちを抑えることができます。

対して、白物は弱アルカリ性洗剤や漂白剤を使うことで洗浄力を上げて白いものをより白く洗い上げることができます。

また、しっかりと仕分けておくことで、色移りなどのトラブルも減らすことができます。
このような工夫が、結果的にお洋服を長持ちさせることへ繋がるのです。