引っぱリンガーの最安値を調べる!

NO IMAGE
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

各メディアで話題になった”引っぱリンガー”

一瞬で洗濯物の取り込みができるということで、時短家事がキーワードになりつつあった時代背景もあって人気商品となりましたね。

※こちらのページではお洗濯.netの商品検索ツール機能を使って、このページが表示された時点での価格が安い順に販売サイトをご紹介しています。

さらに詳しくはご利用規約をご確認ください。

引っぱリンガー

NKグループ販売 長く長く使える 引っぱリンガー 44ピンチ NSA-37
しっかりと洗濯物をキャッチしてくれるけど、下に引っ張ると外れるという特殊なピンチが肝になっているピンチハンガーです。

このハンガーを使った実演は、皆さんも一度は見たことがあるかもしれませんね。


使い勝手がいいだけでなく、枠とフックに関しては15年間の保証期間が設けられているのも魅力的。

それほど強度にも信頼があるのでしょう。
消耗品のピンチを取り換えていくことで本当に長く使えそうです。

本体価格もそれほど高いわけではないので、コストパフォーマンスはかなり良いといえるでしょう。

引っぱリンガーを探す
 

洗濯物の変色について

引っぱリンガーは外の物干し竿に固定で付けっぱなしでも使いやすいよう設計されています。
天気のいい日にはやっぱり外干しが気持ちいですものね。

ただし、直射日光というのは衣類にとってかなりの負担になるということも覚えておいてください。

特に黒や濃紺のシャツ類。

洗濯と着用を繰り返していくことでなんだか”赤っぽく”変色してきたことはありませんか?

これは色の3原色(青・黄・マゼンタ)のうち青色が一番退色しやすいといわれているからです。
そのため青の成分が減りマゼンタが特に目立ってくることで、見た目には赤っぽく変色したようになります。

それを抑えるためには・・・

  • 無暗に洗浄力を上げない
  • 短時間で洗い切る
  • 裏返して洗濯ネット入れる
  • 中性洗剤で手洗いしてみる

などの対応が効果的で、直射日光にあて続けないというのも大きな効果があります。

気持ちよく外干しするのもいいですが、濃色のお洋服は部屋干しや陰干しするのがいい状態を長く保つための秘訣です。