ワイシャツを【オシャレに腕まくり】する3つの方法

ワイシャツを【オシャレに腕まくり】する3つの方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

クールビズでもオシャレに着こなし

すっかり夏も本番に入り、毎日暑い日が続きますね。

私たちクリーニング店も毎日汗だくになりながら仕事に勤しんでおります。。

さて、今回はクールビズに関するお話し。

皆さんはワイシャツを腕まくりするときに、どのようなまくり方をしてますか?

実は色んなパターンがあるんですよ。

ワイシャツの腕まくりいろいろ

腕まくりするサラリーマン

ワイシャツの袖は無造作にまくり上げてしまうと、なんだかだらしなく見えてしまいますよね。

そこでスマートに、そしてオシャレに袖をまくり上げる3つの方法をご紹介します。

シンプルロール

シンプルロール

もっとも簡単でシンプルな方法がこちら。

カフスの幅に合わせて段階的にまくり上げていく方法です。

手軽にできますが、厚みが出て少々野暮ったいのが難点。

スリムロール

スリムロール

先ほどの方法に似ていますが、事前にカフスを半分に折っておくのがポイント。

その幅にあわせてまくり上げていくので、最終的なシルエットがスマートになります。

見た目は良いですが、カフスに折り目がついてしまうのが悩みどころ。

マスターロール

マスターロール

最後が本命マスターロール。

これまでのようにクルクルと、まくっていくのではありません。

  1. カフスを裏返した状態から一気に肘の辺りまでまくり上げる
  2. さらにカフスが半分隠れるくらいの位置までにまくり上げる

この方法の良いところは何度も折り返さないのでシャツにシワがつきにくいところ。

さらに画像のようなカフスなら、裏側の柄がチラッと見えてオシャレですね。

 

いかがでしたでしょうか。
簡単でスマートな方法がこんなにあるんです。

特に最後のマスターロールがおススメ。
ぜひこのクールビズ期間にお試しくださいね!

 

関連コンテンツ

⇒出張に役立つスーツとワイシャツのたたみ方【完全保存版】

⇒ワイシャツのクリーニング代って安くない?その理由と料金相場をご紹介!

⇒【時短家事のコツ】ワイシャツを超高速でアイロン掛けする時短テク