梅雨入り前に【洗濯槽掃除】して部屋干しシーズンに備えよう!

梅雨入り前に【洗濯槽掃除】して部屋干しシーズンに備えよう!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

そろそろ洗濯槽を掃除しておきましょう!

梅雨入りの時期が間近にせまってきましたね。
雨続きになると一番頭を悩ませるのが、日々のお洗濯です。

部屋干しがメインになるので、どうしても気持ちよく洗い上げることができないんですよね。

部屋干しには色んな対策が必要なんですが、今回はその中のひとつ”洗濯槽の掃除”に注目してみたいと思います。

洗濯槽が汚れていると・・・

洗濯槽が汚れていることで起こり得る一番大きなトラブルは、洗濯物から嫌なニオイが発生してしまうこと。

外側からは見えなくても洗濯槽の裏は菌の温床になっています。

洗濯機は、洗剤残りや水分が多いうえ、風通しが悪く湿気もこもりやすいと、菌にとっては格好の住処なんですね。

部屋干しするとさらにニオイが発生しやすくなる

実は菌自体は無臭だといわれています。
菌そのものではなく、菌が繁殖するときにあの嫌なニオイが発生しているそうです。

部屋干しでは乾燥スピードが遅く、濡れた状態が長く続きます。
そのため菌が繁殖しやすく、嫌なニオイも発生しやすいのです。

洗濯槽を掃除しよう!

ということで、部屋干し対策のひとつとして洗濯槽の掃除はかなり効果的です。

洗濯機を清潔な状態にして、なるべく良い環境下で洗濯しましょう!
基本的な洗濯槽の掃除方法は以下のようになります。

  1. 40~50度ほどのお湯を満水近くまで溜める
  2. 粉末の酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を一袋入れる
  3. 洗濯槽を少し回して浮き出たゴミを取り除く
  4. 一晩放置する
  5. ゴミを取り除いて1回空運転する

驚くほどキレイになるはず!

しばらくお手入れしてない場合には、出てくるゴミの量に驚くはずです。

「こんな洗濯機で洗ってたのか?!」とドキドキしてくることでしょう。(笑)

ちなみに我が家で掃除したときの状態はこんな感じ。

洗濯槽から出たごみ(モザイクあり)

・・・っと、あまり気持ちがいいものではないのでモザイクかけてみました。。

より詳しい掃除の方法と、モザイク無しの状態を見たい方は関連コンテンツからどうぞ。(笑)

 

関連コンテンツ

⇒これで洗濯槽もピッカピカ!洗濯機の掃除は酸素系漂白剤で!