春シャツを【ノーアイロン】で着るための干し方のコツ

春シャツを【ノーアイロン】で着るための干し方のコツ

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

春シャツは干し方を一工夫してノーアイロンで着る!

春の定番ファッションといえば薄手のカジュアルシャツ。
そういう私も大のシャツ好きで、薄手の物や七分丈などたくさんのシャツを持っています。

ただ、どうしてもアイロンがけが面倒になってしまい、そのために着るのが億劫になったりするもの。
(ウチは最近では奥さんもアイロンがけしてくれなくなりました・・・。)

そこでこちらでは、薄手のシャツでもノーアイロンで着られるようになる干し方のコツをご紹介しますよ!

干すときに一工夫

シャツをノーアイロンで着られるようにするためには、干し方にコツがあります。

洗濯機から出てきたシワシワ状態のまま干さずに一手間加えてあげるのです。

  • 振りさばいて全体の粗ジワを伸ばす
  • ポケット周りなどシワがきつい箇所は、パンパンと両手で叩く
  • 襟、前立てなどは軽く引っ張って縮みを矯正する

それぞれはちょっとしたことですが、この一手間でアイロンがけの手間はグーンと少なくなります。

脱水時間も短めに

洗濯する過程でシワを作りやすいのが脱水工程です。

薄手のシャツは元々がそれほど水分を多く含むアイテムではありません。

そのため脱水時間は短めでもOK。
むしろ必要以上に脱水時間が長いと、きついシワを作る原因になってしまいます。

シャツのシワを意識するなら脱水時間を1分ほどに短縮してみてはいかがでしょうか。

脱水しないで乾かす”濡れ干し”

一切脱水せずにボトボトと水が滴る状態で干してしまう濡れ干しというテクニックもあります。

濡れた状態のまま干すことで、自重により自然な風合いのままシワを伸ばすことができるのです。

特に麻のシャツなんかには効果的。
不格好なシワではない、洗いざらしのカジュアルな風合いを楽しむことができますよ。

ぜひお試しください。

 

関連コンテンツ

⇒【時短家事のコツ】ワイシャツを超高速でアイロン掛けする時短テク

⇒綿のジャケットを【ノーアイロン】で着ることができる洗濯方法

⇒麻のお洋服を洗濯する【プロ直伝】の方法