お洋服の【長期収納】にピッタリのハンガーはどんなもの?

お洋服の【長期収納】にピッタリのハンガーはどんなもの?

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

お洋服を長期収納するときはハンガーにも気を付けて!

春を迎える準備は進んでいますか?

着なくなった冬物をしまい、薄手の春物と入れ替える衣替えシーズンでは、長期収納するお洋服に使うハンガー選びも大切なポイントです。

「なんでもいいやっ!」と手近にあるハンガーを使っていると、来シーズンには思わぬトラブルが起こってしまうかもしれませんよ。

お洋服とハンガーのサイズを合わせて

お洋服の肩幅にあわせたハンガーを選びましょう。

肩幅に合ったハンガー

ポイントは肩の縫い目が、しっかりとハンガーに乗るサイズを選ぶことです。

縫い目部分には強度がありますので、ここがハンガーに乗っていれば大きく型崩れすることは少なくなります。

また、ある程度厚みがあるハンガーの方が、肩の丸みを保ち立体的なフォルムをキープすることができるのでおススメです。

サイズが合っていないと型崩れの原因に

まずはハンガーが短すぎる場合。

短すぎるハンガー

このように縫い目がハンガーに乗らず、肩が落ちてしまっています。

この状態が長く続くと、お洋服の重みで形が崩れてしまい肩がポコッと浮き出てしまいます。

続いてハンガーが長すぎる場合。

このように縫い目を飛び越えて、袖の方へ突き出てしまいます。

この時にもやはり形が崩れてしまいますね。

長期収納用ハンガーを用意できれば◎

クリーニング店で貰えるプラスチックや針金のハンガーは、あくまでお客様にお渡しするためのもので、そのまま長期収納に使うことを想定しているわけではありません。

※デラックスコースなどでは、”そのまま収納できる”をウリにして幅広のプラハンガーや不織布カバーが使われる場合があります。

ROZZERMAN 木製ハンガー スーツ・ジャケット用 5本組セット (ダークブラウン)
ROZZERMAN 木製ハンガー スーツ・ジャケット用 5本組セット (ダークブラウン)


特にコートやジャケットなどは頑丈な幅広ハンガーを使って型崩れを抑えたいですね。

来シーズンも気持ちよく着用できるように、収納方法も少しだけ工夫してあげてください!

 

関連コンテンツ

⇒スーツの衣替えは型崩れしないハンガーを使おう!

⇒洗濯用物干しピンチハンガー、今時のおススメはどんなタイプ?

⇒【決定版】ズボンがずり落ちないようにするハンガーのかけ方