アウターの【襟汚れ】は大丈夫?しまう前に要チェック!

アウターの【襟汚れ】は大丈夫?しまう前に要チェック!

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

アウターをしまう時には”襟汚れ”をチェック!

そろそろアウターをしまう季節ですね。
その時にチェックしてもらいたいのは襟周りの汚れ。

最近のアウターは襟部分にボリュームがあるデザインが多いですよね。

暖かく可愛らしい流行のデザインですが、その反面いろんな汚れが付着しやすいという問題も。

襟周りにはどんな汚れがついている?

アウターの襟周りには、皮脂汚れやファンデーションなどの化粧品汚れが付着しています。

これらの汚れは油性汚れに分類されるので、家庭での水洗い洗濯では落としにくいのが問題。

洗ったつもりでも汚れは残っている可能性が高いのです。

洗濯前にひと手間加えて、しっかりと落としてあげましょう。

油性汚れは下洗いしてから洗濯する

皮脂や化粧品は、油性汚れに分類されます。

そのため普通に洗濯しただけでは残ってしまうことが多いのです。

油性汚れを落とすために有効なものはこちら。

  • 食器用洗剤
  • クレンジングオイル

どちらも汚れ部分に塗って揉み洗い→すすぐという工程を落ちるまで繰り返します。

特に化粧品はクレンジングオイルで落とすのが効果的です。

家で洗えないお洋服はクリーニングへ

ドライクリーニング機

ドライクリーニングは溶剤で洗う洗浄方法なので、油性汚れを落とすのは大得意。

家で洗えない、かつ油性汚れが付着している場合にはクリーニング店へ直行しましょう!

家で洗えるものでも汚れがひどい場合にはクリーニング店に相談してください。

特にダウンなどに使われる素材は油性汚れが付着しやすい(吸収しやすい)特徴があります。

ご家庭で手に負えない場合は、生地を傷める前にプロに相談してくださいね。

 

関連コンテンツ

⇒【ネットの情報それホント?】衣服についたファンデーションの落とし方

⇒化粧品のシミ汚れを落とす洗濯方法