洗剤の【酵素パワー】を高める秘策はコレ!

洗剤の【酵素パワー】を高める秘策はコレ!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

こんにちは!センタクマニアです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

洗剤に入っている”酵素”の役割とは

洗剤の主成分である界面活性剤。

この界面活性剤が入っているから洗剤を入れて洗うと汚れが落ちるわけですが、酵素はその働きをさらに高める役割があります。

特に襟や袖口に付着する人間の身体から分泌されるタンパク質汚れを落とす目的です。

タンパク質分解酵素という文字通り、タンパク質汚れを分解して落としやすくしてくれます。

襟、袖の汚れは特に落としにくく、さらに落ちきらなかった汚れが蓄積していき、変色などの原因になります。

そのため、普段の洗濯にとって酵素は必要不可欠な存在になります。

 

酵素の力を最大限引き出すポイント

洗濯洗剤に”酵素パワー!”とか、”酵素の力で落とす!”なんて書いてあると、なんだか凄く汚れ落ちが良さそうな気がしませんか?

確かにそうなんです。

でも、普段の洗濯ではその力をほとんど引き出せていないのをご存知ですか?

酵素の働き


先ほども書きましたが、洗濯においての酵素を使うメリットは、ある種類の汚れに対して汚れ落ちがよくなる効果があることです。

脂肪分やタンパク質などを落とすために、複数種類の酵素が配合されていることがほとんど。

多くの洗剤に必ずと言っていいほど入ってます。

  • 血液やミルクなどのタンパク質汚れ
  • 皮脂などの油脂汚れ

このような汚れを落とすためには必要不可欠と言っていいくらいの効果があります。

ただ、その働きを高めるためにはポイントがあるのです。

温度を上げる

40℃ほどの温水
酵素の働きを高めるために一番大切なのは水温です。

目安は40度ほど。
もっと細かく言うと、38度~42度の間くらいがもっとも効きが良くなると思います。

家庭で実践するのはなかなか難しいかもしれませんが、酵素の本当の力を試してみたい方は是非チャレンジしてみてください。

時間をかけて浸け置く

汚れの落としやすさと時間の関係
経験上、酵素が効いてくるまではある程度の時間を必要とします。

酵素入り洗剤を入れて水温を上げた洗浄液に浸けたからと言って、一瞬のうちにスーッと汚れが落ちてしまうわけではありません。

そのため、汚れの様子を確認しながら30分・・・1時間・・・と時間をかけて浸け置くのがポイントになります。

当然その間に水温も下がってきますから、差し湯して温度を保つことも大切です。

水温と時間。

これさえおさえておけば、酵素のパワーを最大限引き出すことができます。

上記のような汚れが落ちなくてお困りの場合には、是非お試しください!

さらに詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

関連記事:【酵素入り洗剤】ってよく聞くけど、そもそも酵素って何なの?

ワンランク上の洗濯

酵素のことのついて書いてきましたが、洗濯水温を上げたり、場合によって漬け置きしたりすることは、汚れ落ちを重視した洗濯方法の基本でもあります。

同じ方法で酸素系漂白剤を入れてあげれば、変色や洗濯で落ちなかったシミを落とすことも可能です。

クリーニング屋さんと家庭洗濯の違いは、温度や時間、水量をコントロールしていることも一つです。

お洋服をいい状態に保つためには、たまには念入りに洗濯して汚れをしっかり落としておくのも大切です。