【革ジャンを縮める方法】色々と試してみた結果・・・こうなった!

【革ジャンを縮める方法】色々と試してみた結果・・・こうなった!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

持っている革ジャンのサイズが合わなくなって「もう少し縮んだらいいのにな・・・。」と思ったことはありませんか?

かくいう私もその一人。

クリーニング屋としてあるまじき行為ですが(汗)、私の革ジャンを人柱に無理やり縮ませてみたいと思います!

その全ての経過がこちらです。

思い出の革ジャンで試してみる

洗濯後の革ジャン(前側)

10代の頃、バイトしたお金で購入した古着の革ジャンです。

メーカーも何だかよくわからないですが、初めて買った革ジャンということもあり、とても思い出深いもの。

当時から一回り大きいなと思ってましたが、やはり途中から気になりだして最近はタンスの肥やしとなっていました・・・。

ちなみに、革ジャンを洗濯する【クリーニング屋直伝】の方法を書いたときに洗った革ジャンと同じもの。

せっかく丁寧に洗ったのに、今度は縮まされるなんて・・・。

 

縮ませてみよう!

それでは実際に縮ませてみるわけですが、元のサイズがわからないと縮んだかどうかもわからないので、まずは採寸から。

採寸してみる

最後に寸法を確認する

採寸した結果はこちら。

身幅 着丈 袖丈
作業前 56cm 64cm 59.5cm

立体的な作りなので上手く測れませんでしたが、まぁこんな感じ。

さて、それでは縮ませてみましょう。

1回目:乾燥機で一気に乾燥する

濡れた状態から一気に乾燥機で乾燥、熱をかけることにより縮ませます。

革ジャンを洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れると均等に熱がかからないのでは?と少し悩みましたが、ファスナーやバックルが壊れてしまってはどうしようもないので最終的には使うことに。

熱がかかった所ばかり縮んだら困るな・・・。

と、心配しながらも乾燥機へ。

1時間乾燥機にかける

60度で1時間ほど乾燥してみました。

期待と不安が入り混じる複雑な心境で取り出してみると・・・

 

全然変わってない!!(汗)

身幅 着丈 袖丈
作業前 56cm 64cm 59.5cm
1回目 56cm 64cm 59.5cm

まぁビックリするくらい縮んでない。(笑)

先日あんなに丁寧に洗ったのは何だったのか・・・。

普通に洗って乾燥機入れられるんだったらTシャツと変わらないじゃないか!

(もちろんこの革ジャンが”たまたま大丈夫”だっただけだと思いますが。)

2回目:蒸気をかけてみる

蒸気をかける

次は上着専用の仕上げ機にセットして、大量に蒸気をかけてあげました。

しかし、荒ジワが無くなって良い感じになっただけで縮まず。(笑)

身幅 着丈 袖丈
作業前 56cm 64cm 59.5cm
1回目 56cm 64cm 59.5cm
2回目 56cm 64cm 59.5cm

うーん、なかなか手強い。

3回目:温水洗い+高温乾燥

自分の革ジャンがココまで信念が強いヤツだったとは・・・。

もうとことんやってみます。

温水で洗う

まずは40度以上の温水で洗ってみました。

縮む縮まない以前に、色が出て風合いが変わるかも?と思いましたが果敢にチャレンジしてみました!

革ジャンの色が出た

こんなに色が出てビビりましたが・・・。

30分ほど漬け込んだ後、乾燥機へ。

高温で乾燥する

思い切って70~80度まで上げてみました。

そうすると・・・

 

ようやく縮みました!

身幅 着丈 袖丈
作業前 56cm 64cm 59.5cm
1回目 56cm 64cm 59.5cm
2回目 56cm 64cm 59.5cm
3回目 54cm 58cm 56cm

ワンサイズ小さくなったような感じで、ジャストに着られるところまで縮みました。

しかし・・・

縮んだ革ジャン

画像ではわかりにくいかもしれませんが、風合いは確実に変化してます。

それもそのはず。

革が縮んでもファスナーは縮まないため、全体的によれたような状態になるのです。

風合いが変わった

エリ周りを中心にクシャっとなっています。

想定の範囲内ですが、やはり無理やり縮ませるというのはこのようなリスクもありますね。

まとめ

今回のテストでわかったこと・・・

  • モノによってはそう簡単に縮まない
  • 縮めるなら思い切って熱をかける
  • どのように変化するか実際に縮むまでわからない

ちなみに決してこの方法をおススメしているわけではありません。
革ジャンにとっても大きな負担になっていることは間違いありません。

ネット上でも情報が錯綜していたので実際に試してみたまでです。

個人的にはこのまま一生着ない位ならチャレンジしてみよう!という気持ちでした。

繰り返しになりますが、実際に縮んでみるまでどのような仕上がりになるかはわからないので、自力で縮ませることを考えている方は熟考の上お試しくださいね。

 

追記

その後、ある程度なら元に戻せることがわかりました。

このページの柔軟剤を入れる部分からやり直した結果このようなサイズになりました。

身幅 着丈 袖丈
縮ませた後 54cm 58cm 56cm
修正後 55cm 63cm 59cm
(元のサイズ) 56cm 64cm 59.5cm

ほぼ元のサイズに戻ってます。

万が一失敗しても修正できる可能性が残されているということですね。

恐らく無理やり縮ませても、着用中にこの辺りまでは伸びるのでしょう。

ということは、縮んだサイズが気に入ってる場合には定期的に縮ませる必要がありそうです。

元のサイズで着るのが一番!というある意味当たり前の結論に至ったようですね・・・。(笑)