【ネットの情報それホント?】衣服についた墨汁の落とし方

【ネットの情報それホント?】衣服についた墨汁の落とし方
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

ついてしまったら諦めるしかない?
最も落としにくい汚れ一つが墨汁のシミです。

「墨汁 落とし方」で検索して情報収集していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

その情報をプロのクリーニング店が検証する「ネットの情報それホント?」シリーズ、墨汁編です!

ネット上の情報まとめ

  1. キッチン用マジックリンと固形石鹸で揉み洗いする
  2. 流水で流しながら薄くなるまで繰り返す
  3. 落なければ歯磨き粉を塗って叩く
  4. 薄くなったら普通に洗濯する

マジックリンを使う
マジックリンを使う方法がとても多く紹介されていましたね。

マジックリンは2~3倍に薄めて使うとのこと。(強アルカリなので洗浄力は高いですが、その分衣類へのダメージも大きいからですね。)

その他、歯磨き粉を使用する方法も多かったです。

墨汁などの不溶性シミ(油性でも水溶性でもない→不溶性は油でも水でも落ちないシミ)には、研磨剤が効果的です。

今回はクレンザーで代用しました。

このように汚れの種類を見極めるのはとても重要です。

的外れの方法でどんなに頑張ってもシミは絶対に落ちません。

関連記事:洗濯とは”汚れを落とす”こと。まずは汚れの種類を知りましょう!

また、墨汁が乾ききっていない場合と完全に乾いてしまった場合では落としやすさに差が出ますので2パターンを試してみます。

 

乾ききっていない場合

乾いていない墨汁

まずは乾いていない、ついたばかりの墨汁を落としてみましょう。

マジックリンをつける

今回は試験布なのでマジックリンを薄めず、原液で揉み洗い→流水ですすぐ、という工程を行ってみました。

揉み洗いする

作業を進めるとこのように墨汁が滲んで流れ出てきました。

この時に手早く作業しなければシミの範囲が広がってしまいます。
揉み洗いとすすぎを繰り返していくと・・・、

薄くなった墨汁

このように薄くなりました!

影のように残ってはいますが、かなり落ちているのではないでしょうか?

クレンザーを使う

続いてクレンザーを試してみます。
タオルを下に敷き、クレンザーをつけて歯ブラシで叩いていきます。

歯ブラシでこする

生地を傷つけないよう丁寧に叩きだします。

薄くなった墨汁2

最終的にはここまで薄くなりました!

マジックリンの時点では濃く残っていた部分も落ちて、全体的にも薄くなりました。

作業自体も比較的スムーズで、順調に薄くなっていきました。
やはり、墨汁が乾ききっていないうちは落としやすいようですね。

完全に乾いてしまった場合

乾いてしまった墨汁

乾いていない時は落ちやすかったですが、完全に乾いてしまった場合はどうでしょうか?

マジックリンをつける2

先ほどと同様マジックリンで揉み洗いしてみます。

マジックリンで揉み洗い後

うーん、ほとんど落ちませんね。
乾いていない時はこの時点でかなりの墨汁が流れ出ましたが、そのようにはいかないようです。

薄くなった墨汁3

さらにクレンザーを使って落としてみましたが、この時点でシミが動かなくなりました。

色がかなり濃く残っています。
先ほどの乾いていなかったものと並べて比較するとこんな感じです。

落ち方を比較する

手順はまったく同じですが、落ち方にここまで差が出てしまいます。

墨汁がついたらできるかぎり早く対処することがとても重要ですね。

 

墨汁の落とし方まとめ

墨汁落としにはスピードが命です。

完全に乾いてしまうと対処が難しくなることがわかりましたね。
マジックリン 台所用洗剤 液体 ハンディスプレー 400ml
マジックリン 台所用洗剤 液体 ハンディスプレー 400ml

乾ききっていない状態ならば、マジックリンも効果がありました。

クリームクレンザー ジフ 270ml
クリームクレンザー ジフ 270ml

理屈からいうと、クレンザーで墨汁をたたき出すのがよいでしょう。

ちなみに、完全に乾いたと定義した試験布はつけてから2時間ほどおいたものです。

よくあるシチュエーションとして、”お子さんが学校でつけてしまった”というケースでは、家に帰ってきてすぐにお洗濯してもすでに落ちにくくなっていると考えたほうがよさそうです。

やはり、墨汁のシミはかなり手強い汚れですね。
さらにいくつかの注意点があります。

こちらを必ず確認してください。

素材に注意

水を使ったり、擦ったりする工程上、綿やポリエステルなど強い繊維しかシミ抜きできません。

それ以外のやわらかい繊維(ウール、シルク、麻、レーヨンなど)は繊維の損傷などの恐れがあるため注意が必要です。

クレンザーの使い方

前途のとおり、墨汁のような不溶性のシミは歯磨き粉やクレンザーなどに入っている研磨剤が有効です。
研磨剤の力を使ってたたき出していくイメージです。

しかし、生地への負担も大きいので毛羽立ちやスレ、色落ちなどの心配もあります。
綿やポリエステルでも繊維が細いデリケートな衣類では危険です。

プロがシミ抜き

それでは”ついてしまった墨汁は完全に落とせないか?”というとそういう訳ではございません。

薄くなった墨汁3

先ほどの乾いてしまった墨汁を一部シミ抜きしてみます。

プロがしみ抜き

このようにさらに薄くできます。
メインにシミ抜きした真ん中部分はほぼ消えかかっています。

同様の方法で時間をかければさらに薄くすることができます。

完全に落としきった画像でなくて申し訳ございません。(汗)

墨汁は、何か特別な薬品を使えば一瞬にして消えてしまうようなシミではなく、プロの現場でも時間と手間をかけなければ落とすことはできないのです。
そこに繊維の種類や色柄などの要因も絡んできますので、断られてしまうケースも多くなってしまいます。

墨汁が落なくてお困りのお洋服がございましたら、お洗濯.netへお問い合わせしてみてください。
できるかぎり落とすことができるよう、精一杯努力いたします!