ぺちゃんこになったダウンジャンパーを手軽に復活させる2つの方法

ぺちゃんこになったダウンジャンパーを手軽に復活させる2つの方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

久しぶりにダウンジャンパーを取り出すと、ぺちゃんこにボリュームダウンしていて困ったことはありませんか?

膨らみがないダウンは見栄えも悪いですし、暖かさも低下してしまいます。

あらためてクリーニングに出すのもいいですが、ちゃんと洗ってから収納したのでしたらちょっと勿体ないですよね。

こちらではご自分で膨らみを復活する簡単な方法をご紹介します。

ダウンがぺちゃんこになる原因は?

%e6%89%8b%e3%81%ae%e5%b9%b3%e3%81%ab%e4%b9%97%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%be%bd%e6%af%9b

ダウンジャンパーは詰め物の羽毛が大きく開き、そこに空気を抱き込むことでボリュームが出ます。

その空気が断熱層の役割を果たすため保温性が高まるんです。

ぺちゃんこになったダウンジャンパーは羽毛が絡みあったり、湿気を含んでしぼんでいることが原因。

そのため、ボリュームを復活させるためには羽毛同士の絡まりを解消してあげたり、湿気を飛ばして羽毛を開かせてあげればよいのです。

 

ボリュームを復活する方法

それでは羽毛の絡まりを解消してボリュームを復活させてみましょう。

ちゃんとお手入れしてから仕舞っているのならば、簡単な方法で復活できる場合があります。

ちなみに、洗ったためにぺちゃんこになったならば復活するのはけっこう大変ですよ。

絡まりも湿気も(濡れているから当然ですが・・・)すごい事になってますから。

1.手でパンパンと叩く

まず一番簡単な方法が手でパンパンと叩くこと。

そのように軽く力を加えてあげることで絡まりが解消され、羽毛を大きく開かせることができます。

その時にはキルト内に万遍なく羽毛が散るように意識して叩いてあげると、全体的な見栄えも良くなりますし保温性も高まります。

2.乾燥機で仕上げ乾燥する

一番簡単で確実な方法が乾燥機にいれて短時間仕上げ乾燥してあげることです。

温風で湿気を飛ばすことができますし、上から下に落ちてくる力で羽毛がほぐれやすくなります。

濡れた状態から完全乾燥するわけではないので、10分くらい乾燥すれば十分ボリュームが復活します。

コインランドリーを使ったとしても10分100円ほどなので、コスト的にもそれほど掛かりません。

できれば他の衣類も数着一緒に入れてあげましょう。

それらの重みも加わるので、より膨らみやすくなります。

まとめ

繰り返しになりますが、ぺちゃんこになったダウンは見栄えが悪くなるうえに保温性も低下してしまいます。

本格的に寒くなる前に状態をチェックしておきましょう。

手で軽く叩いて、通気性の良い場所で陰干ししておくだけでも改善される場合がありますよ。