『デニムジャケット・Gジャン』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!

『デニムジャケット・Gジャン』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

デニムジャケット・Gジャンのクリーニング料金比較はこちらです。(当サイト調べ)

店舗型の料金相場と人気ネット宅配クリーニングサイトの料金をまとめています。

デニムジャケット・Gジャンのクリーニング料金比較

クリーニング料金 備考
店舗型 600~800円 一般的な取次店型店舗
リネット 950円~ アイテムごとの個別設定
リナビス 1080円(10点コースの場合) パック料金
キレイナ 4000円 高級オーダークリーニング

デニムジャケット・Gジャンは一般的なクリーニング店では、1着当たり600~800円程度(当サイト調べ)のクリーニング料金となります。

一般的なブルゾンなどと同程度の料金です。

関連記事:クリーニング料金を比較!人気宅配クリーニング6サイトの38アイテム完全網羅!

 

デニムジャケット・Gジャンのクリーニングについて

デニムジャケット・Gジャンは、問題なくクリーニングできます。

但し、デニム素材は基本的に色止め処理を施してありません。

デニムは色落ちを楽しむ素材で、好みによりその度合いは変わるため、ある意味では取り扱いが難しいアイテムでもあります。

なるべく色落ちしないクリーニング方法で取り扱ってもらうよう依頼した方がよいと思います。

ご家庭での取り扱い

デニムジャケット・Gジャンは上記の通り非常に色落ちがしやすいです。(それが醍醐味なのですが。)

なるべく色落ちさせたくない場合には、デリケート衣類用洗剤を使用し、手洗いをおススメします。

「洗濯しない」なんていう話も聞きますが、洗濯しないと雑菌が繁殖するのでご注意を。

ヒゲをくっきり出したい時は、毎日ではなく1~2週間に一度洗うといい・・・らしいです。

汚れをため込まないよう注意

前途のとおり、デニムは洗わない方がいい味が出る!と思われている人も少ないくありません。

確かにそのような考え方はあるかと思いますが、それでは汚れはどんどん蓄積していってしまいます。

汚れが蓄積していくと、変色して普通の洗濯では落ち無くなったり、生地そのものが傷んできます。

特にデニムジャケットは襟や袖など皮脂汚れが付着しやすく、そして目立ちやすいです。

お洋服自体のことを考えると、やはり定期的な洗濯は必要になるかと思います。

蓄積した汚れを落とすのは大変!

私物のデニムジャケットですが(笑)、放置して忘れていたデニムジャケットを、気合を入れてとことん洗濯したときの記事がこちらです。。

関連記事:古着デニムジャケット(Gジャン)の襟、袖汚れを落とす洗濯方法

汚れが蓄積して変色が始まっている場合には、漂白処理が必要不可欠になってきます。

手間もかかりますし。衣類への負荷もそれなりにかかる(自分の場合はラベルの文字が消えました。汗)ので、できればこの状態になる前にお手入れをしておきたいところ。

味を出すのもいいですが、定期的なお手入れは忘れないようにしましょう!