シャツに使われる有名ブランド生地メーカーを知る!

シャツに使われる有名ブランド生地メーカーを知る!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

シャツは直接肌に触れるため、使われる生地の質が着心地を左右するといっても過言ではありません。

シャツを販売しているメーカーではなく、生地そのものの有名ブランドも各国に存在します。

これからもオーダーシャツを作り続ける!って方は知っておいて損はないと思いますよ。

生地メーカー一覧

それでは有名なシャツ生地メーカーを見てみましょう。

恐らく初めて聞く名前が多いと思いますよ。

それぞれに歴史や特徴があって、見ているだけでも結構オモシロいです。

カルロ リーバ

高級素材を少量生産することで有名。

時代の流れにより大量生産が主流となっている業界の中で、昔ながらの生産方法にこだわり、本物の品質を提供している。

高番手と甘い織りによる独特の風合いが魅力。

デヴィッド&ジョン アンダーソン

スコットランド、グラスゴーで創業された名門生地メーカー。

提供されるのは高品質生地ばかり。

シャツ生地のロールスロイスとも称されるシルクのような品質と風合い。

トーマスメイソン

1796年?!にイギリスで誕生した高級生地メーカー。

細番手を使った軽くて風合いの良い生地が有名。

アルビニ

1876年に設立されたイタリアの生地メーカーで、イタリア三大生地メーカーの一つ。

前途のデヴィッド&ジョン アンダーソンとトーマスメイソンはこのアルビニ社に傘下に入っており、その結果アルビニ社は世界最高峰の生地メーカーともいわれている。

老舗メーカーの伝統と最新技術を組み合わせた新しい価値を生み出している。

モンティ

さらにイタリア三大生地メーカーの一つであるモンティ。

常に最新技術を取り入れることで事業を伸ばしてきたメーカー。

原綿~仕上げまでの管理を一貫して同社で行い、そのデザインの豊富さも評価が高い。

オルトリーナ

イタリア三大生地メーカー、最後はオルトリーナ。

最新の技術を取り入れながらも、全ての工程を自社工場内で行うという徹底した品質管理。

デザイン、風合い、発色など生地としての評価は高く、イタリアファッションの成功を牽引したといっても過言ではない。

シクテス

イタリアシャツ生地の最高峰ブランド。

一流ブランドも多く採用する上質素材を、自社工場で生産。

アルモ

スイスの名門生地メーカー。

その技術の高さに加え、アルプスの良質な水を使う唯一無二の品質を持つ。

まだまだたくさんある!

これでもまだ一部。

世界には有名な生地メーカーがまだまだ多く存在します。

  • テスタ(イタリア)
  • グランディ&ルビネッリ(イタリア)
  • カンクリーニ(イタリア)
  • ブレンバーナ(イタリア)
  • フェルノ(イタリア)
  • ゲツナー(オーストリア)
  • エイコーン(イギリス)

…etc

やっぱりイタリアが多いですね。

さすがファッション王国!

 

生地の特徴

生地に対するこだわりはメーカーそれぞれですが、総じて質の高い天然素材にこだわってます。

それはシャツとして仕立てられたときに、着心地や風合いに反映されることでしょう。

例えば、一般的に普及している形状記憶などの加工は施されない場合が多いです。

それは生地そのものの風合いを十分に発揮できるようにするため。

また、ポリエステルなどの合成繊維に比べて耐久性が劣り、取り扱いが難しくなるようなこともあります。

加工が施されていたり、ポリエステルが混紡されている方が洗いやすく、アイロンがけも簡単になりますからね。

それよりも唯一無二の風合いを手に入れたい、こだわりのオシャレさん向けの生地になります。

良い生地の見分け方

なんといってもその上品な光沢や風合いでしょう。

基本的に糸が細くなればなるほど高級素材と呼ばれ、価格も高くなります。

段階的に分けるとこのような感じに。

  • ~100双:スポーティーで耐久性がある。普段使い向き。
  • 120~140双:ドレッシーで上品な風合い。
  • それ以上:もはやシルクと見間違えるような光沢としなやかさ。

並べて見ても、その光沢や手触り、繊細な風合いで見分けることができます。

 

シャツブランド一覧

最後に特徴あるシャツを作る、各国のシャツブランドをご紹介します。

生地そのものの有名メーカーがあれば、シャツを仕立てる有名ブランドもあります。

こちらも聞いたことが無いような名前が多いと思いますよ。

FRAY(フライ)

最高峰のミシンワークで有名なブランド。

熟練職人の正確で美しい縫製が特徴。

GIOVANNI INGLESE(ジョバンニ イングレーゼ)

手縫いの工程を随所に取り込んだハンドメイドで有名。

体にピタリとフィットする、という着心地にファンが多い。

TURNBULL&ASSER(ターンブル&アッサー)

3つボタンのスクエアカフスが有名なブランド。

ジェームズ・ボンドも着用したというイギリスの名門です。

細番手のロンドンストライプ柄は特に有名。

BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)

ヘビーウェイトのオックスフォード生地を使った、ボタンダウンシャツが特に有名。

耐久性に優れ、長く着続けられる楽しみも。

CHARVET(シャルベ)

世界のVIPに好まれる品格や美しい色彩が有名。

精巧な柄合わせなど細部まで徹底した仕立てが特徴。