『カシミヤ(カシミア)コート』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!

『カシミヤ(カシミア)コート』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

カシミヤ(カシミア)コートののクリーニング料金比較はこちらです。(当サイト調べ)

店舗型の料金相場と人気ネット宅配クリーニングサイトの料金をまとめています。

カシミヤコートのクリーニング料金比較

クリーニング料金 備考
店舗型 800~2000円 一般的な取次店型店舗
リネット 1900円~ アイテムごとの個別設定
リナビス 1080円(10点コースの場合) パック料金
キレイナ 6000円 高級オーダークリーニング

カシミヤコートは一般的なクリーニング店では、1着当たり800~2000円程度(当サイト調べ)のクリーニング料金となります。

毛足が長く風合いが上品なカシミヤコートは、通常のコートよりも割高になることが一般的です。

関連記事:クリーニング料金を比較!人気宅配クリーニング6サイトの38アイテム完全網羅!

 

カシミヤ(カシミア)コートのクリーニングについて

洗濯表示通りのクリーニングを行いますが、基本的にはドライクリーニングとなるはずです。

というよりも、水洗いができるカシミヤコートは、おそらく存在しません。(苦笑)

カシミヤ(カシミア)は非常にデリケートな素材なので、もしも目立つ汚れがない、ワンシーズンで数回しか着用していない、等の場合にはクリーニングを見合わせるのも一つの方法です。

但し、その際にはご自身でのメンテナンスをしっかりしていることが前提です。

ご家庭での取り扱い

カシミヤ(カシミア)は上記の通り非常にデリケートな素材です。

適性なクリーニング頻度は多くてワンシーズンに一回。
それ以外はご自身でのブラッシングによりメンテナンスしましょう。

着用後に毛並みに沿って、ブラッシングしてホコリを払い落とす事で、カシミヤ(カシミア)は良い状態を保つ事が可能です。

ご自身でのお手入れをしっかりしておくことでクリーニングの回数も減らすことができますし、その分コートへのダメージも軽減されます。

結果としてコートを長持ちさせることにつながるのです。

クリーニング代が割高な理由

カシミヤなどの毛足が長い素材を使っている衣類は、その毛並みの風合いや光沢感が上品な雰囲気を演出します。

ここがカシミヤの命といっても過言ではないのですが、クリーニングの際にもこの風合いを変化させないよう処理しなければならないのです。

通常ドライクリーニング洗浄された衣類はそのまま乾燥機に入れるのですが、カシミヤを同様の工程で行うと、毛が抜けたりすることで風合いが変化する恐れがあります。

そのため、自然乾燥したり、ダメージを軽減するよう洗浄プログラムを変えるなどの対処が必要になります。

このように通常の工程とは異なる対応になるため、クリーニング代が割高になるのです。

それでも、高級な衣類ですから、しっかりとこだわってクリーニングしてくれるお店に依頼したいですね。