コンパクトに収納!簡単でキレイなフード付きパーカーのたたみ方

コンパクトに収納!簡単でキレイなフード付きパーカーのたたみ方
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

使い勝手がよく、何着も持っていたくなるフード付きパーカーですが、皆さんはどのように収納されてますか?

フードがついている分かさばりますし、なるべくコンパクトにたたんで仕舞っておきたいですよね。

こちらでは、そんなフード付きパーカーをキレイにたたむコツをご紹介しますよ!

基本的なたたみ方

それでは早速いってみましょう!

フード付きパーカーとはいえ要は普通のお洋服なので(苦笑)、特別珍しいたたみ方じゃないんですが・・・。

フードの処理がちょっとしたポイントでしょうか。

%e8%a3%8f%e8%bf%94%e3%81%97%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e5%af%9d%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b

パーカーを裏返しにして寝かせます。

この時に縫い目を基準にして整形するとキレイになります。

広々としたスペースで作業するのも効率よくたたむポイントですね。

%e4%b8%a1%e8%a2%96%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%bf%e8%be%bc%e3%82%80

脇の下を目印にして両袖を折り込んでいきます。

%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%99

そして問題のフード部分を折り返します。

この時にフードがキレイな5角形になるように整えておくのがポイント。

ここがしっかり整っていないとフードがくしゃくしゃになったり、たたみ終わった後の形が崩れたりします。

紐がある場合には、この時に内側へ入れてしまいましょう。

%e4%b8%a1%e5%81%b4%e3%82%92%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%82%80

ここで最終的な横幅を決めます。

そのサイズを意識しながら、さらに両端をたたみ込みます。

ここまでくればもう少し!

%e4%ba%8c%e3%81%a4%e6%8a%98%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b

裾の方からパタンと二つ折りに。

左右対称になっているほどキレイにたたみ上がります。

%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%bf%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc

はい、完成です!

まぁ、特に珍しくないベーシックなたたみ方でしたが、これは本当に基本中の基本。

ぜひマスターしておいてくださいね。

 

さらにコンパクトに収納できるたたみ方

Tシャツなどは筒状にして立てた状態で収納する方も多いですよね。

ある程度薄手でしたらパーカーもそのように収納できます。

%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%bf%e6%96%b92

まずはこのように、最初の時点で2段階に折り込みます。

先ほどのようなたたみ方ですと、パーカー上部にフードと袖が集中してしまうので、厚みがアンバランスになってしまいます。

このたたみ方なら全体的に均一な厚みになるので小さくまとまりやすいのです。

その後反対側も同じようにたたみ込みます。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88%e3%81%ab%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%99

そしてフードを折り込み、裾の方から筒状になる幅で折り返していきます。

%e7%ad%92%e7%8a%b6%e3%81%ab%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc

そうするとこのようにコンパクトな状態でたたみ込めます。

先ほどの三分の一程度のサイズに収まりました。

ハンガー収納は?

頻繁に着るお気に入りや、コンパクトにたためない厚手のパーカーはハンガー収納もいいですね。

ただ、その時はパーカーのサイズに合った頑丈なハンガーを用意しましょう。

幅は肩の縫い目がしっかりと乗るようなサイズを。

そして頑丈な太いタイプのハンガーを使ってください。

ハンガーが小さいと型崩れしますのでご注意くださいね。

 

まとめ

このようにパーカーも収納しやすいコンパクトサイズにたたむことができます。

良く着るものはハンガー

薄手のものはたたんで収納

このように取り扱うと収納スペースも有効に使うことができます。

特に筒状にたたんで収納すると取り出しやすいので便利だと思いますよ。

ぜひお試しくださいね。