知っておくと安心!灯油を服にこぼした時のニオイ消しと洗濯について

知っておくと安心!灯油を服にこぼした時のニオイ消しと洗濯について
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

「灯油をこぼしちゃった!(泣)」

よくありがちなトラブルですよね・・・。

手についたならまだいいですが、お気に入りの洋服なんかにかかってしまったら大変です。

しかも普通の汚れじゃないので安易に洗っていいものやら悩んでしまいます。

そんな時にも慌てないよう、ニオイの消し方や洗濯方法をご紹介しますよ!

ニオイの消し方

・・・なんて大袈裟な見出しですが、いちばん簡単な方法はこちら。

風になびく白シャツ

風通しの良い場所に干すだけ

です。

お洋服からニオイが発生するときには、必ずその元となる物質があります。

雑菌が繁殖したり、落ちきらなかった汚れの変質がそうなのですが、今回は灯油が原因なわけです。(当然ですが・・・)

灯油は揮発性(蒸発しやすい性質)ですから、風通しの良い場所で陰干ししておくことでニオイを消すことができます。

ほとんどの場合はこれだけでニオイは消えるはずです。

 

注意したいこと

超単純な方法ですみません。(汗)

とはいえ、ちょっとした注意点があるので確認しておいてください。

慌てて洗濯しないようにする

灯油は油ですから水洗いしても気持ちよく洗い流すことはできません。

それどころか他の洗濯物にニオイが移ってしまう可能性も・・・。

まずは乾かしてしまうことが先決です。

繰り返しになりますが、慌てて洗濯機に放り込む前に、まずは風通しの良い場所で陰干しして灯油を揮発させてしまいましょう。

輪ジミができてしまったら?

乾かした後に輪ジミのようなものが残ってしまったら、そのお洋服単独で洗濯しましょう。

灯油が乾いていれば洗濯しても大丈夫です。

その際には台所用洗剤などで下洗いしてから洗濯してください。

これでニオイは消えるはずです。

関連記事:台所用洗剤(食器用洗剤)は、洗濯を助ける優秀な前処理剤!

それでもニオイが残ったら?

布部分は揮発しやすいですが、ゴムやファスナー周辺、厚手のパッド部分などには残留していることがあります。

ニオイが残ってしまったら、その原因となっている箇所を見つけて台所用洗剤で部分洗いしたのち、個別で洗濯してみましょう。

そのような処置をしてもニオイが残る場合にはクリーニング店へ相談してください。

クリーニング店のドライクリーニングは有機溶剤(簡単にいうと油)で洗うので、灯油をキレイに洗い流すことができます。

灯油をこぼしてしまった旨を伝えてクリーニングを依頼してください。

まとめ

灯油を服にこぼしたら、まずは風通しの良い場所に干して灯油を揮発させること。

これだけでほとんどの場合はニオイが消えるはずです。

灯油が揮発してしまえば洗濯もできますので、台所用洗剤を使って下処理してから洗濯機に入れましょう。

それでも解決しない場合にはクリーニング店にご相談くださいね。