枕カバーの洗濯頻度はどれくらい?黄ばみや臭いを消す洗濯術

枕カバーの洗濯頻度はどれくらい?黄ばみや臭いを消す洗濯術
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

%e6%b8%85%e6%bd%94%e3%81%aa%e6%9e%95%e3%81%a7%e7%9c%a0%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

皆さん枕カバーはどれくらいの頻度で洗っていますか?

枕本体は簡単に洗えるようなものではないので、カバーはそれこそ毎日でも洗ってもらいたいアイテムです。

蓄積していった汚れは黄ばみとして現れたり、嫌な臭いを発したりします。

そのようなことになる前に、定期的に洗濯しましょうね。

枕カバーの洗濯

・・・なんて大袈裟に書くほどでもないんですが(汗)、とにかく頻繁に洗濯してほしいということです。

枕カバーは直接肌に触れているので、汗はもちろん唾液や皮脂などの汚れが付着しやすいのです。

汗は水で洗えばサッパリと洗い流すことができます。

皮脂汚れは蓄積すると黄ばみや臭いの原因になりますので、こちらもしっかりと落としておきたいところ。

あるデータでは枕カバーは1週間に一度洗濯している方がもっとも多いそうです。

次に多いのが1か月に一度。

2週間に一度以上のペースで洗っている方は全体の5%ほどしかいないんだとか・・・。

直接肌に触れるもの、例えば肌着やシャツなんかを1週間に一度しか洗わなかったら、ちょっと気持ち悪いですよね。(苦笑)

シーツに比べてかさばるものではないので、できれば毎日洗濯してもらいたいアイテムなんです。

 

黄ばみや臭いを消す方法

洗濯頻度が少ないと汚れはどんどん蓄積していきます。

その汚れが時間の経過とともに変質して、最終的には黄ばみや嫌な臭いを発生させるのです。

そのようになってしまうと普通の洗濯方法ではなかなか落とせません。

洗浄力をパワーアップして汚れをリセットしましょう。

温水で洗濯する

50度ほどの温水

温水は洗浄力を上げるための大事な要素の一つです。

皮脂汚れは体温より少し高いくらい(40℃ほど)で洗うと落ちやすくなります。

洗剤に含まれていることが多い酵素も、この辺りの温度で活発に働きます。

洗浄力を上げたいなら足し湯をしたり、お風呂の残り湯を使って温水洗濯を試してみましょう。

さらに詳しく知りたい方はこちらのページも参考になりますよ。

洗浄力を上げたいなら【お湯洗濯】がおススメ!その驚きの効果とは?!

酸素系漂白剤を使う

酸素系漂白剤を入れる

黄ばみを落とすなら酸素系漂白剤が必須です。

ここでもやはり温水を使うのがポイント。

先ほどよりも少し高い40℃~50℃ほどがもっとも漂白効果が高まります。

お湯に酸素系漂白剤を入れて1時間ほど漬け込んだ後、普段通り洗濯しましょう。

この方法は色んな場面で使えるのでマスターしておくと便利ですよ。

さらに詳しくはこちらのページをご参考ください。

黄ばみや黒ずみもコレで落とす!酸素系漂白剤の使い方をマスターしよう!

まとめ

一度黄ばみや臭いが発生してしまうと、そのあとのケアが大変になってしまいます。

シャツなんかは洗濯していても汚れが落としきれずに溜まってしまうことがあるくらいです。

枕カバーも直接肌に触れているということを考えて、出来れば毎日洗濯するように心がけましょう。