雑菌を撃退!家でできる簡単な方法、煮沸消毒のススメ

雑菌を撃退!家でできる簡単な方法、煮沸消毒のススメ

お湯を沸騰させている鍋

身の回りのもの、しっかりと消毒してますか?

菌のことを気にし始めるとキリがないかもしれませんが(いつも使ってるスマホが最強に汚いなんて説もありますもんね)、できる範囲ではやっておきましょう!

こちらでは家にあるもので手軽に消毒できる、煮沸消毒をご紹介します。

煮沸消毒とは

その名の通り、沸騰した熱湯で煮るようにして消毒する方法です。

特に何かの薬品を使うわけじゃないので、簡単と言えば簡単。

クリーニング店でも医療関係のアイテムを扱う時には、洗い方を工夫して殺菌しなければならないというルールがあります。

  1. 水温80度以上で10分以上洗う
  2. 塩素を使う

このどちらかの方法で確実に殺菌しなければならないんです。

やり方

やり方といっても、説明するまでもないんですが・・・。(汗)

方法や注意点を書き出してみます。

  • 沸騰したお湯に消毒したいものを入れる
  • 10分以上煮る
  • 取り出すときは菜箸やトング
  • 胴の深い鍋が安全
  • 乾かすときは自然乾燥で

家庭ではキッチンで作業することになるため、物理的に鍋に入る大きさのものしかできません。

簡単に煮沸消毒できるものとしては、ふきんやタオル薄手の肌着などになるでしょう。

大きくて鍋に入らないものは?

こちらは次亜塩素酸ナトリウムを使った方法になりますね。

次亜塩素酸ナトリウムとは、塩素系漂白剤のハイターなどがそれにあたります。

桶や洗面台で漬け込むことにより、殺菌消毒が可能です。

ノロウィルスが話題になる季節にはこの方法が推奨されますね。

このような効果がある濃度で塩素溶液をつくるには、こちら式に当てはめて算出します。

0.02%×水の量(ml)÷お持ちの塩素系漂白剤の濃度(例:5%)=塩素漂白剤の量

さらに詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

冬のノロウィルスを次亜塩素酸ナトリウムで消毒する

お洋服は注意してくださいね

これらの方法はもちろんお洋服にも使えます。

しかし、煮沸消毒にしても、塩素を使うにしても生地への負担はかなり大きくなりますので、”ウィルスの感染を防ぐため”などやむを得ない場合以外は避けた方がよいでしょう。

ふきんやタオルなど、気兼ねなく洗えるものにはおススメですよ。