園服を洗濯する!汚れをキレイに落とす5つのコツ

園服を洗濯する!汚れをキレイに落とす5つのコツ
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

園服の洗濯

園服が洗っても洗ってもキレイにならなくてお困りではないですか?

園服には様々な汚れが付着しているので、実は難易度が高かったりします。

とはいえ頻繁にクリーニングに出すのも大変・・・。

そこで、家庭でもキレイに洗いあげることができる○つのコツをご紹介しますよ!

1.汚れの種類を見極める

家庭の洗濯は基本的に水洗いですよね?

そのため、いわゆる油性の汚れはいくら水で洗っても落ちないことが多いです。

幼稚園で付着する代表的な油性汚れはこのようなもの。

  • クレヨン
  • 油性マジック
  • ボールペン

などなど。

それに加えて油にも水にも溶けない汚れ(不溶性)もあります。

  • 絵の具
  • 墨汁
  • 鉛筆

これらを落とすのにもコツが必要です。

このような汚れは落ちないからといって、何度も水洗いしてもやっぱり落ちません。(苦笑)
それどころか生地を傷めてしまいます。

汚れの種類にあわせて適した方法で洗いましょう。

そのためには、これらの記事が参考になると思います。

家庭でできるしみ抜きレシピ

泥汚れは?

もっとも頭を悩ませる泥汚れも不溶性。
しかも特効薬のような落とし方は無いんです・・・。

基本的な方法になってしまいますが、結局はぬるま湯+固形石鹸で下洗いするのが一番効果的。

このように物理的な力を加えて汚れをたたき出していきましょう。

 

2.素材を確認する

水洗い不可の洗濯表示園服はほとんどの場合が家庭で洗えるようになっていると思います。

さらに綿やポリエステルなどの強い素材が使われていれば、洗浄力の高い洗い方ができますので安心です。

問題はウールなどが使われている場合。

デリケート衣類用洗剤を使えば手洗いはできますが、方法を間違えると風合いが変わったり縮んだりします。

まずは洗濯表示を正しく読み取りましょう。

[blogcard url=”https://wash-mania.com/new_jis/”]

どうしても落ちない汚れがある場合にはクリーニング店へ相談するのが無難です。

3.洗濯機と手洗いを使い分ける

綿やポリエステルでしたら問題なく洗濯機で洗えます。

基本的には洗浄力の高い弱アルカリ性洗剤でしっかりと洗いましょう。

問題はブレザーなど気軽に洗濯機で洗えないもの。

もちろんクリーニングに出せばいいのですが、あまり経済的ではないのでデリケート衣類用中性洗剤を使った手洗いをマスターしておきましょう。

この方法は覚えておくとウールのセーターやカーディガンも手洗いすることができるので便利ですよ。

[blogcard url=”https://wash-mania.com/hand_washing/”]  

4.たまには漂白剤を使う

漂白して白くなった白い部分が汚れていると、全体的な雰囲気も薄汚れて見えてしまうもの。

白い生地を元通り白くするためには漂白剤が必須です。

残念ながら洗剤の力だけでは鮮やかに白くすることはできません

酸素系漂白剤を使って漂白しましょう。

ポイントは温度です。

酸素系漂白剤は水温が40度以上になると本来の力を発揮します。

[blogcard url=”https://wash-mania.com/oxygen_bleaching/”]

5.アイロンがけ

園服にアイロンがけ

洗いざらしのクタッとした風合いでは見た目もよろしくありません。

サッとでもよいのでアイロンがけしておきたいですね。

また、濃紺や黒など濃い色の場合にはアイロンがけでテカりが出てしまう恐れがあるので、必ず当て布をしてあげましょう。

次の項目のコツもあわせて行えば効果倍増です!

6.少し糊を効かせてハリを出す

薄く糊付けされた園服

洗濯糊を効果的に使うと上品な風合いが演出できます。

おススメは柔軟剤と混ぜて使うこと。

糊を使ってパリッとさせるというよりは、コシ・ハリを出すようなイメージです。

さらに良いことが糊でコーティングしておくことにより、汚れが浸透しにくくなり落ちやすくなるのです。

[blogcard url=”https://wash-mania.com/starch/”]

まとめ

いかがでしょうか?

どれもちょっとした事ですが、ポイントをおさえて洗濯すると、とってもキレイに洗い上げることができます。

特にシミや汚れの種類を見極めるというのはとても大切なことです。

適した方法でなければどんなに頑張ってもシミが落ちることはありません。

クレヨン、絵の具、鉛筆など園服に付着しやすい代表的なものだけでも落とし方を確認してみてください。

園服は長く良い状態を保っておきたいもの。

なるべくなら買い替えたくないですものね。

是非これらコツを実践してキレイな園服で幼稚園に送り出してあげてくださいね。