靴用ハンガーを無料でもらえる針金ハンガーで自作してみよう!

靴用ハンガーを無料でもらえる針金ハンガーで自作してみよう!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

靴用のハンガーを自作する

クリーニング屋さんでもらえる針金ハンガーを使って靴用ハンガーを自作してみましょう!

まるで専用ハンガーのような使い心地に驚くこと間違いなし!

一番メジャーな作り方

両端を折り曲げた針金ハンガー

針金ハンガーの両端をこんな感じにグイっと折り曲げます。

ただこれだけ。(笑)

いろんなところで紹介されている方法です。

ここに靴をかけてみるとこのように。

スニーカーをハンガーにかける

あら簡単。

ただこの方法の問題点は耐久性に欠けること。

画像のように重たそうな靴だとハンガーが変形してしまう恐れがあります。

濡れた靴は意外と重くなっていますからね。

また、力が掛かる部分が1本の針金なので靴の型崩れが心配されます。

 

おススメはこの作り方

ハンガーの端を折り曲げる

片方につき1本のハンガーを使います。

両端をグイっと曲げるところまでは同じ。

ハンガーの両端を持って折り曲げる

曲げた両端を掴み、心部分目掛けて折り曲げましょう。

完成した靴用ハンガー

そうするとこのような形になります。

ハンガーの端が先端にくるように靴の中へ入れ込んでみましょう。

靴をハンガーにかけてみた

靴をかけた状態がこちら。

いかがでしょうか?

専用ハンガーのようなホールド感です!

内側を見てみるとその凄さがわかります。

靴の内側

こんな感じに針金ハンガーがほどよく開いて、靴にフィットします。

重みも分散されるので型崩れの心配も無いでしょう。

まとめ

本当に専用ハンガーのようなフィット感なので、驚くと思いますよ。

針金ハンガーって簡単に曲げられるのでいろんな使い方ができるんですよね。

ただ最近のクリーニング屋さんはプラスチックハンガーに移行しているので、意外と手に入りにくいかもしれません。

昔の在庫を持っているお店も多いので、「いらない針金ハンガーありますか?」と聞いてみてはいかがでしょうか。