いいことばかりじゃない?!外干しのデメリットを知っておく!

いいことばかりじゃない?!外干しのデメリットを知っておく!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

外干しのデメリット

天気が良いと洗濯物を外に干してガンガンお日様に当てたくなりますよね。

外干しは確かに気持ちいいんですが、デメリットもある事をご存知ですか?
意外と多い外干しのデメリットを知っておきましょう。

お洋服が傷む

紫外線による悪影響があるのはお肌だけじゃありません。
お洋服だって傷んでしまうんです。

お洋服に使われている染料が紫外線の影響を受けて変色してしまいます。

黒いTシャツなどは特にわかりやすい変化が見られます。
日に焼けて赤茶色になりますよね。

ウールやシルクなどは繊維そのものが影響を受けやすいので絶対に部屋干ししましょう。

 

天候に左右される

これは言うまでもありませんが、突然の雨や突風で濡れたり、飛ばされたりします。

飛ばされないにしても、洗濯物が一方に偏って重なり合うと思うように乾きません。
天候が変わりやすい季節の変わり目には要注意ですね。

異物が付着する

花粉、砂埃、PM2.5、ひどいときには虫などが付着します。
洗濯してキレイになったのに、干している間に汚れてしまっては元も子もないですよね。

特に花粉には悩まされている方も多いでしょうから注意したいところ。
室内に花粉が持ち込まれるルートとして多いのが、外出時に着用していたアウターと洗濯物です。

柔軟剤を効果的に使って、少しでも付着しないように注意したいですね。

 

特に注意したいのは

紫外線による影響ですね。
一度変退色を起こすと修復するのは困難です。

クリーニング店で特殊な色補正を依頼すれば改善はされますが、かなりの高額になってしまいます。

一番いいのは風通しの良い場所で陰干しすること。
洗濯物に直射日光を当てないようにするのが大切です。

もしくは外干しの時間を短くして、部屋干しと入れ替えるのもいいですね。
さらに色褪せしそうな濃色のお洋服は部屋干し、その他の衣類は外干しなどの使い分けも効果的です。