座布団を洗濯する?【超】リスクが高いのでちょっと待って!

座布団を洗濯する?【超】リスクが高いのでちょっと待って!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

座布団を洗濯したい?
そうですよね、わかります・・・・が、ちょっと待ってください!

座布団の家庭洗濯はとってもリスクが高いです。

自分で洗えるか、クリーニングに出すか、をしっかりと見極めて、トラブルが起きないようお手入れしてください!

座布団は洗えない

と、思ってください。(笑)

上記画像のようなクッションに分類されるようなものでしたら洗えないこともないですが、いわゆるこのような座布団は洗えません。

積み重ねられた座布団

中綿が綿、さらに側生地が絹だったりすると、クリーニング店へ直行です。

無理に家庭で洗濯しようとすると、中綿が固まったり、切れたりします。

また、側生地は擦れて風合いも変わってしまい、最悪使用できない状態になってしまうでしょう。

座布団は定期的にお手入れしていない事が多いので、実はかなり劣化していてトラブルが起きやすいのも事実です。

 

洗えるか見極める

繰り返しになりますが、中綿が綿だったり側生地が絹の座布団は絶対に洗わないようにしましょう。

中綿がポリエステル、側生地が綿、もしくはポリエステルでしたら、素材上は家庭でも洗えます。

量販店で売っているようなお手軽なものでしたら、むしろ”洗える”ことをウリにしている商品もあるでしょう。

(このような商品を座布団というのか、クッションというのかは微妙なところですが。)

組成がわからない場合には、販売店や製造メーカーに確認してみましょう。

関連記事:お洋服の洗濯トラブル?!そんな時にアパレルメーカーさんへ問い合わせする手順

洗濯方法

中綿が洗いやすそうなポリエステルでも安心しないでください。

安易に洗濯機で洗うと、中綿が切れたり寄ったりする可能性が高いです。

洗濯機の使用はなるべく避けましょう。
座布団は基本的に手洗いです。

浴槽で踏み洗い

座布団のサイズによっては、桶や洗面台に入らないでしょうから、お風呂の浴槽を使いましょう。

浴槽を洗濯槽に見立てて、水とデリケート衣類用中性洗剤を入れ洗う→水を入れ替えながら濯ぐ、という工程になります。

デリケート衣類用中性洗剤を使った手洗いを覚えると、座布団だけでなく他のデリケート衣類も洗えるようになりますよ。

関連記事:セーター・カーディガンを手洗い洗濯する【プロ直伝】の方法

上では手洗いと書きましたが、正確には足で”踏み洗い”ですね。

水気を切る

洗いが終わったら、そのまま浴槽の縁に掛けて水気を切ります。

実はココが最大の山場です。

正直なところ、浴槽に水と洗剤を入れて踏み洗いするまでは簡単にできます。

ただ、浴槽の縁に掛けておいて、どれだけの時間をかければ水気が無くなるかはその座布団の材質によるところが大きいからです

水気が切れなければ持ち運びするのも大変です。

そして、座布団が掛かったままでは、お風呂に入ることもできません。(苦笑)

安易に濡らすと大変なことになりかねないのです。

乾燥する

無事に(笑)持ち運べるようになったら風通しの良い場所で陰干ししましょう。

乾燥機を使えるならば、最後に5分~10分ほど仕上げ乾燥すると、ふっくら仕上がります。

 

まとめ

繰り返しになりますが、座布団は洗濯機にポイッと入れてスタート!はNGです。
素材を見極めて、中綿の偏りに注意しながら洗いましょう。

もしも中綿が偏ってしまったら、”側生地を開けて、中綿を慣らしてからまた閉じる”という大掛かりな作業になります。

そして、なかなか水気が切れなければ、大変なことにもなってしまいます。

心配な方は、安易にチャレンジしてしまう前に是非クリーニングをご検討ください。

ちなみにこちらのサイトでは、座布団1枚1429円~でクリーニングできるようです。

※料金表の中の「その他の商品の料金」を参照


丸洗いでスッキリ!『ふとんリネット』

繰り返しになりますが、勢いでチャレンジしてしまうのは危険なので(笑)、よく検討のうえでお手入れ方法を決めてくださいね!