忘年会でお酒をこぼした!そんな時の正しい対処方法

忘年会でお酒をこぼした!そんな時の正しい対処方法
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

こぼさないようにお酒を飲む二人

忘年会で羽目を外しすぎてお酒をこぼした!

さぁ、あなたならどのように対処しますか?
間違った応急処置をすると、お洋服にトラブルが起きるかも?!

こちらでは、お酒をこぼしてしまった時の正しい対処方法をご紹介します。

やりがちな間違い

皆さんは、お酒をバシャっとこぼしてしまったらどういう行動を起こすでしょう?

まずは、やりがちだけど、やってはいけない間違った対処方法を確認しましょう。

おしぼりで拭く

おそらく、お酒をこぼした瞬間に多くの人はこう叫ぶでしょう。

「おしぼり持ってきてー!」
そして、おしぼりでゴシゴシと拭くのです。

これ、一番やってはいけないパターンです・・・。

おしぼり、特にパッキングされた業者さんが洗っているようなおしぼりでお洋服を拭いてはいけません。
このようなおしぼりは、塩素を使って洗っています。

万が一の可能性として、お洋服の色が抜ける場合があります。
濃い色のお洋服は特に注意です。

Tシャツに塩素をつける

こんな感じで色が抜ける・・・ことはないですが、用心にこしたことはありません。

なぜなら、塩素で色が抜けた場合は、クリーニング店でもその後の修復が難しいからです。

おしぼりで拭くのは絶対に避けましょう。

ゴシゴシと力強く拭く

おしぼりでなくても、ハンカチやハンドタオルでゴシゴシと拭いてしまっていませんか?
忘年会や、ちょっとしたパーティーではおしゃれ着を着ていることが多いですよね。

おしゃれ着は、生地が薄くデリケートなものが多いです。
(特に、ドレスワンピースのようなお洋服。)

薄手のポリエステルならまだいいですが、レーヨンやシルクなど繊細な繊維ですと、強いゴシゴシ拭きはNGです。
毛羽立ちやスレの原因となるので注意しましょう。

 

正解は・・・

ティッシュなどを軽く押し当て、水分を移し取ることです。
とにかく汚れが広がらないように、応急処置するのです。

相応の知識があれば別ですが、基本的にはあまり触らないほうがよいのです。
その場で何とかしようとして間違った対処をしてしまうと、生地が傷んだりシミの範囲が拡大する恐れがあります。

帰宅後、なるべく早く洗濯、もしくはクリーニングに出しましょう。

”お酒をこぼしてしまったら、ティシュを軽く当てて水分を取る”

これが正解です。