洗濯機の”ドライコース”って上手に使えてますか?

洗濯機の”ドライコース”って上手に使えてますか?

洗濯機の時間設定

皆さん洗濯機の”ドライコース”って使ってますか?

お洗濯上手な方は、洗濯物に合わせて色んなコースを選んで洗っているかもしれませんね。
しかし、ドライコースがどのようなものか、しっかり理解しておかないと、上手に洗えてないかもしれませんよ。

こちらでは、洗濯機のドライコースを上手に使う方法をご紹介します。

そもそもドライコースって何?

ドライコースとは、洗濯槽をあまり動かさず弱水流、短時間で洗い上げるコースです。
洗濯機の種類によっては、おしゃれ着コース、手洗いコース、おうちコース、ソフトコースなどの名前かもしれません。

クリーニング屋的に言うと、”ドライ”って言葉は誤解を招くのでやめた方がいいと思っていますが。
なんか、おうちでドライクリーニングできるコースだと勘違いしませんか?

ドライクリーニングは、水ではなく溶剤を使って洗う洗浄方法なので、ご家庭では絶対にできません。
勘違いされないようご注意ください。

(ドライマーク用洗剤もそうですね。ドライクリーニング指定のお洋服を全て洗える洗剤ではありません。)

どのように使う?

手洗い指定や、生地が薄いお洋服を優しく洗い上げるコースです。
機種によって違いはあると思いますが、洗濯槽がほとんど回らず、お洋服への負荷を限りなく抑えた洗濯が可能です。

また、洗濯~すすぎ~脱水、全ての工程が短時間に設定されています。
デリケート衣類用の中性洗剤と洗濯ネットを使用が必須となります。

こんなところに注意!

このように、ドライコースはお洋服への負荷を限りなく抑えたプログラムになります。
汚れ落ちよりも、衣類へのダメージを考えたものなのです。

そのため、汚れをしっかり落としたいときには全く向いていません。
皮脂や頑固な汚れがついている普段着を洗うときには絶対に使ってはいけないのです。

そのような汚れはほとんど落ちません!

目立つ汚れがある場合には

それでは、標準コースでは洗えない、デリケート衣類の汚れはどのように落としたらよいのでしょうか?
それは、前処理で落とすしかありません。

汚れ部分に洗剤の原液をつけて前処理しましょう。
ただし、デリケート衣類は強く揉んだり擦ったりしてはいけません。

あくまで優しく、洗剤を浸透させるイメージで塗りこみます。

まとめ

繰り返しになりますが、ドライコースはデリケート洗い専用です。
普段着の洗濯には使わないようご注意ください。

洗濯機のコースを使い分けることができると、お洗濯の幅がグーンと広がります。
洗濯物に合わせたプログラムを選んで上手にお洗濯してください!