毛玉や伝線を防ぐストッキング・タイツの洗濯方法

毛玉や伝線を防ぐストッキング・タイツの洗濯方法

タイツ

冬場には大活躍するタイツやストッキング。
シーズンになると「もう手放せない!」って方も多いのではないでしょうか?

でも、着用回数が増えてくると、毛玉や伝線などが心配・・・。
そこで、こちらではタイツ・ストッキングが長持ちする洗濯方法をご紹介します。

タイツ・ストッキングはデリケート

見ての通りなのですが、タイツやストッキングはとってもデリケートなアイテムです。

そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機へポイッ、ではダメージが大きすぎます。
一手間加えてから洗いましょう。

洗濯機で洗う場合

裏返してから目の細かい洗濯ネットに入れる。

これが必須です。
さらに、ネットの中でタイツ・ストッキングが動かないよう根元で縛ってしまいましょう。

こうすることで、洗濯中の負荷を抑えることができます。

タイツ・ストッキングのことだけを考えるのなら弱水流+短時間のスピードコースがおススメですが、他の洗濯物の汚れ落ちに影響してくるので、汚れの度合いなども考慮して洗濯コースを決めましょう。

手洗いする

本当は手洗いが一番安全です。

ぬるま湯+デリケート衣類用洗剤で優しく押し洗いしましょう。
揉んだり擦ったりは絶対にNGです。

その後、水を入れ替えながらすすぎ、バスタオルなどに包んで水気を取り除きます。

柔軟剤は必須

静電気を抑えるために柔軟剤は積極的に使いましょう。

しかし、あくまで適量で。
入れすぎても効果が上がるわけではありません。

陰干しする

タイツ・ストッキングに使われているポリウレタンという素材は熱にとても弱いです。

干すときには、風通しのよい場所で陰干し、これに限ります。
直射日光を長時間当てたり、高温の乾燥機を使用するのはNG。

ポリウレタンの劣化を早める原因となります。

まとめ

タイツ・ストッキングはポリウレタンというゴムのような特殊な素材が使われているのに加え、薄くデリケートです。
これらの特徴をしっかりとおさえて適した洗濯を行いましょう。

ちなみに、伝線しないようにする方法をネットで検索すると”冷凍庫に入れる”など裏技的な方法もいろいろと紹介されていますが、ポリウレタンにとっては高温もダメですが低温も悪影響があります。

あくまで、デリケート衣類として適切に対処することが大切です。