部屋干しでも早く洗濯物を乾かす3つのコツ

部屋干しでも早く洗濯物を乾かす3つのコツ
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

部屋干し

雨が続くと悩ましいのが洗濯物の乾き具合。

少しでも乾きやすくするためにはどうしたらいいのでしょうか?

こちらでは、部屋干しでも生乾きにしない上手な乾かし方をご紹介します。

3つのコツ

洗濯物を上手に乾かすには、いくつかのコツがあります。

順番に見てみましょう。

1.空気の通り道を作る

生地が重なり合っていると、非常に乾きにくくなってしまいます。

隣のお洋服との間隔を開けることはもちろん、お洋服自身の重なり合っている部分、例えば襟やフードなども同様です。

以下のような点に注意して空気の通り道を作ってあげましょう。

・襟を立てる
・2本のハンガーを使って洗濯物の内側に空洞を作る
・隣の洗濯物と間隔をあけて干す
・ズボンはピンチハンガーで筒状に干す

などなど、様々な方法で生地の重なり合いを解消し、とにかく空気の通り道を確保します。

2.持っている機器はフル活用する

除湿機など便利な機器を持っていれば積極的に活用します。

「そんなの持ってたら当然使うよ!」という声が聞こえてきそうですが、やはりこのような機械の力を使うと、格段に乾きやすくなります。

除湿機は無くとも、扇風機はお持ちではないですか?
風の流れを作り出すことは大変効果的な方法です。

扇風機とお部屋(浴室でも可)と換気扇を回して風が流れていく通り道を作ってあげましょう。
この方法ならば電気代も抑えられます。

3.脱水時間を伸ばしてみる

お使いの洗濯機の脱水時間は何分に設定されてますか?
いつもとくに気にせず、標準コースでスイッチオン!で洗濯していると思いますから、意外と把握している方は少ないのではないでしょうか?

ほとんどの洗濯機は、恐らく5分ほどに設定されていると思います。

それを手動で延長してみましょう。

実は、脱水時間が1分違うと、手触りでわかるほど水分量に差が出ます。

もちろん、水分含有量の曲線は時間が伸びるほど、変化がなだらかになっていきますので、闇雲に長くすればいいというわけではありませんが、試す価値は十分にあります。
(脱水時間が長くなるとシワがきつくなるデメリットもあります。)

 

まとめ

それでは、おさらいです。
部屋干しでも上手に乾かすためには、しっかりと脱水し、空気の通り道を意識した干し方で、風の流れを作って乾燥を促進させてあげることです。

これらの作業を手早く行うことで、雑菌の繁殖を防ぎ嫌な臭いを抑えることにもつながります。
洗濯機が止まっているのにすぐにほさないで放置、なんて厳禁ですよ!