傘も洗濯する!汚れを落とすコツをご紹介

傘も洗濯する!汚れを落とすコツをご紹介

傘を持った女性

傘も洗濯する?!

お気に入りの傘は、汚れが蓄積する前にお手入れしちゃいましょう!
実はとっても簡単なんですよ。

意外と汚れてる?

雨は様々な汚れを含んで降ってきますので、それらの汚れが傘にも付着します。
そして、濡れたまま傘立てに放置すると雑菌が繁殖し、嫌なニオイを発するようになります。

洗濯物の生乾きと一緒ですね。

丸洗いする

  1. デリケート衣類用中性洗剤とぬるま湯を混ぜて洗浄液を作る
  2. タオルを洗浄液に漬けて、固く絞る
  3. ゴシゴシと擦るのではなく、優しく汚れを拭き取る
  4. お風呂場でシャワーをかけて、洗浄液を洗い流す
  5. 風通しの良い場所で乾燥する

目立つ汚れがない場合には、シャワーで洗い流すという工程から始めるだけでも十分効果はあります。

撥水効果を高める

長く愛用している傘は撥水性能が低下しているかもしれません。

合わせてメンテナンスしましょう。

熱をかける

丸洗い後、乾燥時にドライヤーで熱をかけながら乾燥するのも効果的です。
しっかりと熱をかけてあげると、失われていた撥水性能が復活し、効果が高まります。

クリーニング店でも同様の作業をしています。

撥水スプレーを使う

長く使っている傘には、改めて撥水スプレーをかけてあげましょう。

スリーエム(3M) スコッチ・ガード はっ水・防汚スプレー
スリーエム(3M) スコッチ・ガード はっ水・防汚スプレー

このような、衣類・布製品用のものがよいでしょう。

念のため、目立たない部分に少しかけてみて、問題ないようでしたら全体に吹きかけましょう。

このときにも、ドライヤーなどで熱を加えてあげると、さらに効果的です。

日々の取り扱い

傘は、縦方向への力には強いですが、横方向には弱い構造になっています。
傘を閉じて建物に入る際には、バサバサと振り回すのではなく、ゆっくりと開閉を繰り返して水を切りましょう。

また、傘の先をトントンと地面に叩きつけるのもよくありません。
開閉できないような状況でしたら、傘を下に向けて動かさず、滴り落ちる水が少なくなってから持ち込むのがスマートです。

まとめ

傘も布製品ですから、お手入れは必要なんですね。
それほど大変な作業ではないので、定期的にメンテナンスしたいところです。

繰り返しになりますが、洗剤を使わず、シャワーで流してあげるだけでも、十分効果はあります。
是非お試しください。