ニットについた臭いを【洗わずに】取る超簡単な方法

ニットについた臭いを【洗わずに】取る超簡単な方法

バーベキューコンロ

焼肉、バーベキュー、タバコなどなど、これらの臭いが服につくと中々とれなくて困ってしまいます。
それがウールのニットなど、簡単に家で洗えないものだったらさらに大変・・・。

そんな時に試したい、洗わずに臭いを取る超簡単な方法をご紹介します。

臭いの取り方

最初に臭いの取り方を言ってしまうと、”水分と一緒に臭い成分を飛ばしてしまう”ことです。
丸洗いできないウールのニットは、この方法が便利です。

さらに、消臭・除菌スプレーを併用すると効果的なので積極的に活用しましょう。
その方法には以下のものがあります。

1.夜外に干す

夜露の水分で臭いを飛ばします。

寝る前にニットを外に干し、朝取り込んでみてください。
その後、日中に風通しの良い場所で陰干しし、しっかりと水分を飛ばします。

2.スチームアイロンを使う

Panasonic 衣類スチーマー ブラック NI-FS360-K
Panasonic 衣類スチーマー ブラック NI-FS360-K

スチームアイロンの蒸気を使って臭いを飛ばします。

ニットの場合には、アイロン面で押さえつけるのではなく、蒸気だけを当てるようにしましょう。

3.お風呂場に干す

お風呂場にハンガーをかける設備がある場合には、そちらに干すのも効果的です。

MORY ステンレス 浴室用伸縮竿 BAS-1.8
MORY ステンレス 浴室用伸縮竿 BAS-1.8

しかし、あまりにも湿度が高すぎると、逆に雑菌が発生して別の臭いが発生する恐れがあります。

干しっぱなしにするのではなく、臭いの程度を確認しながら適度なタイミングで取り込むなど工夫が必要です。

4.霧吹きする

全体に霧吹きしてから、風通しの良い場所で陰干しします。

こちらもお風呂場同様に、水分を与えすぎないよう注意が必要です。

まとめ

これらの方法は、丸洗いするわけではないので簡単で効果も期待できます。

しかし、やりすぎは禁物。
繰り返しになりますが、水分を与えすぎると風合いが変わったり、雑菌の繁殖を引き起こす恐れがあります。
効果がないからといって、水分を増やしたり、時間を延ばしたりするのは避けましょう。

適度な湿度と、それをしっかりと乾燥して一緒に臭いも飛ばす、ということがポイントになります。