フェイクファーって洗濯できる?お手入れ方法をご紹介!

フェイクファーって洗濯できる?お手入れ方法をご紹介!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

フェイクファーがついたフードを被る女の子

今どきのコートには、ほとんど?と言っていいほどファーで装飾されていますよね。
余程の高級品でない限り、フェイクファーというファーがついています。

そんなフェイクファーですが、「これってお手入れどうするんだろう・・・?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
こちらでは、そのお手入れ方法をご紹介します。

フェイクファーとは

フェイクファーとは、フェイクという名のとおり本毛皮ではなく、アクリルなどの化学繊維などで作られたファーです。
毛皮に比べて遥かに取り扱いしやすくて丈夫、そして安価なので衣服だけでなく、様々な用途で使われています。

このように、お手入れに関してもクリーニングに頼ることなく、ご自身でメンテナンスできます。

 

メンテナンス

それでは、フェイクファーをメンテナンスしてみましょう。

日ごろのお手入れ

毎日のお手入れとしては、毛並みに沿ってブラッシングしてホコリや髪の毛を除去しながら、ふんわり感を復元する事です。

KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422
KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422

このようなブラシを使うとよいでしょう。

皮脂汚れなどが気になる場合には、ぬるま湯+薄めのデリケート衣類用洗剤を入れた洗浄液をタオルに染み込ませ、固く絞ってから毛並みに沿って優しく拭きます。

その後、キレイな水を含ませたタオルを同様に固く絞り、洗剤成分を取り除いてから陰干しして乾かします。

洗濯

フェイクファーはアクリルなどの化学繊維を使っていますので、取り扱いしやすいのが特徴です。

しかし、強い繊維だからと言って”洗濯機ポイッ”はNGです。
強い機械力が加わると、毛並みが乱れたり、毛が抜けてボリュームが変化したりします。

そのため、基本はデリケート衣類用中性洗剤を使った手洗いとなります。

エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml
エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml

  1. ぬるま湯とデリケート衣類用洗剤で洗浄液を作る
  2. 優しく押し洗いする
  3. 水を入れ替えて濯ぐ
  4. バスタオルで包み込み水分を取り除く
  5. 風通しの良い場所で陰干しする

さらにこだわる方は、半乾きくらいのときに、低温のドライヤーを当てながらブラッシングすると、ふっくら感を演出できますのでお試しください。

まとめ

いかがでしょうか?
フェイクファーは直接肌に触れるものではないので、それほど神経質にお手入れしなくても大丈夫です。

むしろ、頻繁にお洗濯すると、ファーに負担がかかり、劣化が早まってしまいます。
通常はブラッシングのみに止め、お洋服を洗うときも必要がなければファーを取り外し、本体のみを洗いましょ

う。