今こそ無香料の柔軟剤を使う!

今こそ無香料の柔軟剤を使う!

無香料の柔軟剤

近年の流行となっている、華やかな香りがする柔軟剤。
好みの香りをお洋服につけることが楽しみな方も多いのではないでしょうか?

しかし、あまりに芳醇な香りがついてしまうことで、自分だけでなく、周りの人に不快な思いをさせてしまっていることも・・・。
そんな時は、無香料タイプの柔軟剤を使いましょう。

柔軟剤本来の役割

最近の流行により、柔軟剤=香り付けのイメージが強いですが、本来は洗濯物の手触り、肌触りを良くするもの。
これが本来の役割です。

柔軟剤を使う事で、繊維がコーティングされ、油で膜をした状態となります。
そのため、繊維同士の摩擦抵抗が少なくなるので、滑らかな風合いとなるのです。

また、柔軟剤に入っている陽イオン界面活性剤は除菌効果があります。
香りではなく、この除菌効果を売りにした柔軟剤もありますよね。

ニオイの原因は雑菌の場合も多いので、嫌なニオイ対策としても有効です。

このように、香り付け以外にも柔軟剤のいいところは、たくさんあるのです。

 

上手な使い方

香りがきつすぎると感じる方は、柔軟剤を入れすぎていませんか?
適量、若しくは少なめに入れるなど、投入量を見直してみるのも一つです。

柔軟剤の入れすぎは、香りが強くなりすぎるだけでなく、吸水性を損なう原因にもなります。

繰り返しになりますが、柔軟剤を入れるということは、繊維に膜を作ることです。
柔軟剤の濃度を濃くしすぎると、コーティングが強くなりすぎて吸水性が著しく低下します。

水を吸わないバスタオルなんて、全く意味がありませんよね。

無香料タイプの柔軟剤

それでも、香りが好みでない場合には、無香料タイプの柔軟剤を使いましょう。
上手に使えば、洗剤の清潔な香りだけ残す事ができます。

しかし、香り付きに比べて無香料タイプはラインナップが少ないのが難点です。
(どれを買えばいいか迷わなくて済む、という見方もできますが。)

ファブラッシュ

fabrush 柔軟剤 無香料 600ml
fabrush 柔軟剤 無香料 600ml

銀イオンを配合し、消臭効果も期待できる無香料の柔軟剤です。

柔軟剤としての評価は概ね好評のようですが、注ぎ口の形状が使いにくいという意見も。
(柔軟剤自体の性能とは関係ないですが。)

 

ダウニー

ダウニー フリー&ジェントル(3.83L)
ダウニー フリー&ジェントル(3.83L)

なんと、香り付き柔軟剤の代名詞ともいえるダウニーからも無効量タイプが出ているんですね。

手触りなど、柔軟剤としての性能は、やはり申し分ないようです。

ファーファ

ファーファ おむつ肌着洗い 柔軟剤
ファーファ おむつ肌着洗い 柔軟剤

”おむつ肌着用”という商品名なので見落としてしまうかもしれませんが、このような製品も無香料柔軟剤です。

赤ちゃん用として作られているので、優しい成分となっているのも嬉しいですよね。

アラウベビー

アラウベビー 洗濯用なめらか仕上げ剤 つめかえ用 440ml
アラウベビー 洗濯用なめらか仕上げ剤 つめかえ用 440ml

赤ちゃん衣類の洗剤で有名&高評価なアラウベビーからも、香料が入っていない柔軟仕上げ剤が発売されています。

 

まとめ

せっかく買った柔軟剤なので、まずは投入量を見直して香りの強さを調整することから始めてみましょう。
それでも問題が解決しなければ、無香料の柔軟剤を検討してみてください。

柔軟剤の効果を最大限発揮するため、投入量については特に注意する事をお忘れなく!