皆さんにとって今のクリーニング代って高いですか?

皆さんにとって今のクリーニング代って高いですか?

クリーニング代

社会人になって始めてクリーニング店に行ったとき、クリーニング代って”高い”と思いましたか?

それとも”安い”と思いましたか?

皆さんはどう思っていますか?

先日、何気なくネット上のニュースを見ていたら、”大人になってから意外と高いと感じたもの”という記事を見かけました。
今まで親がお金を払ってくれていたのでわからなかったけど、社会人になり自分の収入で買い物するようになったとき、”意外と高い”と感じたもののアンケートです。

「うんうん、そういうのあるなー」と読み始めると、こんなものが書かれていました。

野菜、牛肉、フルーツ・・・・、「そうだったよなー」と思いながらさらに読み進めると、”クリーニング”の文字が!
しかも、ご意見が「布切れ一枚洗ってもらうのに、こんなかかるんだと思った」。

・・・布切れ1枚。

そうなんですねー。
皆さん(かはわかりませんが)クリーニング代って”高い”と感じているんですね。

クリーニング店は・・・

実はとっても頑張ってます!

当社の創業者が言っていました。
創業当時は、”ワイシャツのクリーニングとラーメン1杯”、”スーツのクリーニングと散髪代”が同じくらいだったそうです。

今では、散髪代が2000円ほど、おしゃれな美容院でカットするとすぐに5000円位かかりますが、スーツは1000円前後。
(一部、低価格カットのお店は存在しますね。あっ、1000円カットのお店と比べると、やっぱりスーツの価格と同じだ。)

ラーメンは流行の波にも乗って800円位~1000円以上ですが、ワイシャツは100円前後。

このように、クリーニング代はとことん安くなりました。

安くなったワケは

クリーニング代が安くなった主な理由は、機械化が進みパート・アルバイトさん主役の現場に変わっていったからです。

それまでのクリーニングは職人さんの世界でした。
しかし、機械化が進みパート・アルバイトさんでも”一定の品質”を守りながら”スピードアップ”を実現する事が出来るようになったのです。

特に顕著なのがなのが、ワイシャツです。
職人さんが1枚ずつ手仕上げで作業していたものが、ちょっとした訓練を受けるだけで、その何倍ものスピードで仕上げられるようになったのです。

そのような流れでクリーニング代はどんどん安くなっていき、ワイシャツを作業着のように着用するビジネスマンの方々に大変喜ばれるような価格まで下がっていきました。

そして行き過ぎました・・・

このように低価格化が進み、ワイシャツのクリーニング代はどんどん下がり、ついには1着80円、90円のようなお店が現れました。

(品質を下げていない事を前提として)この価格になると、実際には利益はほとんど無いといってもいいくらいです。
スーパーマーケットの特売卵と同じです。

それだけでは利益がなくとも、他のものを買ってもらう事で収支を合わせていく世界になります。
ワイシャツを出していただく事で、スーツを出してもらえるかも?、衣替えの時にはダウンが出してもらえるかも?といった具合です。

今のクリーニング店は使いやすいです!

この例は行き過ぎだとしても、一部の高級クリーニング店を除き、ほとんどのお店はリーズナブルな価格で価格以上の品質を提供できるように頑張っています。

また、当サイトのようにネットショップで買い物するようなお手軽さでクリーニングを出せるような仕組みを作ったり、ドライブスルーや無人受け取りボックスを設置したりと、便利なサービスを展開しているクリーニング店もあります。

これまでの業界の流れから、クリーニング代はリーズナブルな価格帯で落ち着いています。
さらに、便利で高品質なクリーニング店がたくさんあるのです。

ここまで読んで頂くと、クリーニングは高くない!と、思いませんか?

今のクリーニング店はとっても使いやすいですよ!