”洗剤”を英語で何ていうか調べてみたら意外な結果だった

”洗剤”を英語で何ていうか調べてみたら意外な結果だった

英語を勉強する女性

ぜーんぜんクリーニングと関係ないんですが、ふと気になって我々クリーニング店が使う洗濯用語を、英語で言ったら何ていうのかを勉強してみました。

まさかこんな単語だったとは?!と、驚くと同時に、自分の学のなさに若干凹みました。

調べたらこんな感じ

洗濯やクリーニングに関する単語をズラーっと調べてみましたよ。

まずは一覧表でどうぞ。

洗濯する laundry
洗濯機 washer
乾燥機 dryer
手洗い hand wash
洗う wash
乾燥する dry
漂白剤 bleach
アイロン iron
シミ抜き stain remover
クリーニング屋 dry cleaner
洗剤 detergent

洗剤=detergent

なるほど、なるほど。

ん・・・?

洗剤って英語でdetergentっていうの?
恥ずかしながら、聞いたこともない単語でビックリしました。(汗)

というか、発音もよくわからない。
”ディタージェント”らしいです。

”なんちゃら sorp”などかと思ったら全然違うんですね。
ちなみに、洗濯洗剤ですと、laundry detergentといいます。

他に気になったのは

ついでに、自分的ないくつくかの疑問が解消されました。

誰かに聞くほどではないけどモヤモヤしてたことがスッキリ!

洗濯機

クリーニング工場では、”洗濯機に入れてー!”を、”わっしゃーに入れてー!”という人がいます。

これ、洗濯機の英語、”washer”だったんですね。
あまりにも、日本人的発音で”わっしゃー”というのでわかりませんでした・・・。

みんな発音下手すぎ!(苦笑)

乾燥する

こちらも同じく、”乾燥機を回しておいて!”、みたいなことを”タンブリングしておいて!”と言うことがあります。

しかし、普通に考えれば”乾燥”は英語で”dry”ですよね。
”乾燥機”は、”dryer”ですし・・・。

ということで、”タンブリング”を調べてみると、”床やマットで跳躍や回転を行う運動”とある。

運動?
なんで?

と思いましたが、ハッと気がつきました。
乾燥機のドラム内で洗濯物が跳ねたり回転する様を、タンブリング運動に見立てて”タンブリングする”と言っていたんですね!

うーん、最初に言ったクリーニング屋さんセンスある!

※あくまで自分的な想像です。

クリーニング店が好きな言葉

それでは、我々クリーニング店がもっとも好きな言葉、”クリーニングに出す”とは英語でなんて言うのでしょうか?

それは、”I am going to have it dry-cleaned”です。
なんかいい感じですね。

中盤戦であまりにマニアックな方向へ行ってしまいましたが、クリーニング屋的英語のお勉強はこれで終わりです。

それでは皆さん、”have it dry-cleaned”の時は、是非お洗濯.netでお願いします!(笑)