コインランドリーって洗剤と柔軟剤は持っていくの?

コインランドリーって洗剤と柔軟剤は持っていくの?
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

コインランドリーの洗濯乾燥機

コインランドリー初心者の素朴な疑問。

「何持って行けばいいのよ?!」

洗剤や柔軟剤を持参した方がいいのか、悩む方も多いようですね。

こちらでは、そんなコインランドリーに関するちょっとした疑問にお答えしますよ!

コインランドリーは洗剤必要?

結論から言いますと、洗剤も柔軟剤も持っていかなくてOKです!
洗剤と柔軟剤は自動で投入されます。

ただし置いてある機械にもよりますので、全てのコインランドリーが自動投入なわけではありません。

相当古かったり、家庭用に似た縦型洗濯機ですと、セルフ投入の場合があります。

ホテルのコインランドリーなどは縦型タイプが多いですね。

ただし、そのようなセルフ投入機の場合には、洗剤の自動販売機が備え付けられていたり、親切なところではご自由にお使いください!」と洗剤が置いてあることもあります。

いずれにしても洗濯物に加えて、洗剤まで持っていかなければならないようなコインランドリーは少ないでしょう。
というか、私は見たことがありません・・・。

 

どんな洗剤を使っているの?

こればかりは、コインランドリーを運営されている方にしかわかりません。
「こんな洗剤を使っていますよ!」と告知しているお店は皆無です。

洗剤もバックヤードに設置されているので、普通は見ることができません。

基本的には液体洗剤を必要な分量だけ吸い上げて、ドラム内に投入される仕組みなので、粉末洗剤でないことは確かです。

さらに詳しく

洗剤はアルカリ性に傾くほど洗浄力が高まります。
しかし、アルカリが強くなると液体の状態を保つのは難しく、ジェル状になってしまいます。

このような理由で、洗浄力が高い一般的な弱アルカリ性洗剤は粉末なのです。
基本的な考えとして、液体洗剤よりも粉末洗剤の方が”汚れが良く落ちる”のです。

そのような観点から考えると、コインランドリーの洗剤は洗浄力が低い(かもしれない)といえます。

さらに言えば、今時の家庭用洗剤はかなりの高機能。
コスト計算が合えばクリーニング店だって使いたい洗剤もあります。
(実際にはコストがかかりすぎるので使えませんが・・・。)

そのような洗剤で謳われている性能をコインランドリーの洗剤に求めることはできません。

乾燥機用柔軟シート

持って行かなければならないものではありませんが、このような便利グッズがあるのをご存知ですか?

★ダウニーシート エイプリルフレッシュ★3箱 120枚 乾燥機用柔軟剤
★ダウニーシート エイプリルフレッシュ★3箱 120枚 乾燥機用柔軟剤

乾燥機に入れるだけで・・・

  • 柔軟効果
  • 香りづけ
  • 静電気防止

こんな効果があります。

柔軟剤が自動投入されない洗濯機ならば、このようなグッズも便利ですよ。

 

まとめ

繰り返しになりますが、コインランドリーの洗剤は自動投入。
手ぶらで言っても大丈夫です。

ただし、お気に入りの洗剤や柔軟剤がある場合でもそれらは使えません。
自動投入のかわりに、セルフ投入もできないのです。

洗剤の選別も基本的にお任せになりますのでご注意を。