『ベンチコート』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!

『ベンチコート』のクリーニング料金はいくら?比較してみる!
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

ベンチコートのクリーニング料金比較はこちらです。(当サイト調べ)

店舗型の料金相場と人気ネット宅配クリーニングサイトの料金をまとめています。

マウンテンパーカーのクリーニング料金比較

クリーニング料金 備考
店舗型 800~1,000円 一般的な取次店型店舗
リネット アイテムごとの個別設定
リナビス 1080円(10点コースの場合) パック料金
キレイナ 高級オーダークリーニング

ベンチコートは一般的なクリーニング店では、ロング丈の防寒ジャンパーとしてのお取扱いとなるので1着当たり800~1000円程度(当社調べ)のクリーニング料金となりそうです。

お店によっては、ベンチコートという単独のメニューで料金が設定されている場合があります。

関連記事:クリーニング料金を比較!人気宅配クリーニング6サイトの38アイテム完全網羅!

 

クリーニングについて

[ヒュンメル] トレーニングウェア パデッドハーフコート [メンズ] HAW8084 インディゴネイビー (71) 日本 L-O (日本サイズL相当)

ベンチコートは土やホコリ、汗、皮脂など様々な汚れが付着しています。

クリーニングで丸洗いして、スッキリ洗い流すことができます。

こびりついたような泥などは中々難しい汚れです。

乾いて落としにくくなる前に、時間を空けず下洗いすると落ちやすくなります。

クリーニングに出す前に~ご家庭での取り扱い~

お持ちのベンチコートの洗濯表示はどのような表記になっていますでしょうか?

洗濯可能であれば、ご家庭でも洗うことができます。

但し、かさばるアイテムで乾燥に時間がかかるのでご注意ください。

また、ベンチコートにはプリントが貼り付けられている場合が多いです。

その際には、乾燥を早めるため乾燥機を使用すると、プリントが剥がれる可能性があるので機械乾燥は控えましょう。

コインランドリーも活用して!

大物アウターはコインランドリーを利用するのも便利です。

というよりも、ベンチコードのような分厚くてボリュームのあるアウターを洗うことができる洗濯機をお持ちのご家庭も少ないですよね。

汚れをしっかりと落とすためには、とにかく洗濯機に入ればいいわけではありません。

洗濯物がに適度に動き、ある程度の負荷が加わることで汚れを叩き出すわけですから、いわゆる詰め込み過ぎというのは、よくないのです。

ただ、先ほども書いたとおり、高温の乾燥機を使ってプリントが剥がれてしまうようなトラブルには注意しなければなりません。

関連記事:【プチ節約】コインランドリーで早く乾燥させるテクニック!

まとめ出しを受け付けてくれるお店も!

個人レベルではなく、団体、企業、学校などで、チーム揃いのベンチコートがある場合には、まとめてクリーニングを依頼したいことがあります。

ただ、ベンチコートは、もともとのクリーニング料金が高めなので、メンバー全員分をクリーニングしようと思うと、かなりの金額になってしまいます。

その際には、法人・団体向けのクリーニングを受けてくれるお店を探してみてください。

ある程度数量がまとまったり、定期的に依頼があるような場合には、割引価格で取り扱ってくれるお店も少なくありません。

ぜひ活用しましょう!

関連PR:【法人・団体】大量クリーニングご依頼者様向け「まとめてプラン」