これぞ基本中の基本!シャツの構造と各パーツの名称まとめ

これぞ基本中の基本!シャツの構造と各パーツの名称まとめ
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

普段何気なく着ているシャツですが、その構造と各パーツの名称を知っていますか?

実はそれぞれに名前があり、色んな役割があるんです。

シャツをオーダーするなら、これは基本中の基本ですよ!

イラストで一気にチェック!

シャツの構造

どうですか?

聞いたことがある言葉もあれば、「えっ、そんなところに名前があったの?」なんてものもあったのではないでしょうか。

実はこれでも基本的な部分ばかりで、もっと細かく名前がついてるんですよ。

前面は”前身頃”、背中は”後身頃”といいます。

「背中でいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、さらに細かく言うと、前身頃もボタンがついている方が”下前身頃”、ボタンホールがある方が”上前身頃”です。(男女で逆転します。)

さらにシャツの裾部分、お尻が隠れるところを”シャツテイル”なんて呼びます。

・・・。

もはや名前が無い箇所を探す方が難しい・・・。

 

さらに詳しく!

さて、それではイラストにで紹介した箇所を、さらに詳しく見ていきましょう。

これは説明するまでもないでしょうか。

別名、衿羽なんて呼ばれたりもします。

一番目立つところなので、シャツの中でも特に気にしておきたい部分です。

衿の形も様々な種類があって、万能型や正装用、ノータイでも見栄えがいいもの、など色々です。

その辺りについてはこちらのページで詳しく紹介しています。

関連記事:オーダーに役立つ!代表的なシャツの衿の種類(衿型)をまとめました

台衿

衿を立たせて立体的に見せる役割があります。

シャツの種類によって、台衿が高くなっていたり、台衿自体が無いものもあります。

剣先

別名衿先。

そのまま衿の先端部分のことです。

ベーシックな衿型でいうと、レギュラー→セミワイド→ワイドの順に剣先が開いていきます。

アームホール

ボディとアーム部分が接合されている部分。

ここの処理方法で良いシャツがどうかを見極めることもできます。

ポケット

ようやく馴染みのある言葉が出てきました。(笑)

オーダーするときは、ポケットの有り無しもこだわりの一つですね。

前立て

前立ては大きく分けて3種類あります。

最も一般的なタイプが”表前立て”といいます。(イラストのようなタイプです。)

逆に内側へ織り込んであるタイプが”裏前立て”。

フォーマルなシャツに使われるのは、表からボタンが見えない”比翼前立て”です。

ヨーク

肩から背中にかけて生地が切り替えてある部分です。

補強の意味もありますが、その面積によって表情を変えたり、プリーツを入れて立体的にする役割があります。

袖山

ここの処理によって腕の動かしやすさが左右されます。

密かに高度な技術が必要とされる、大切なポイント。

剣ボロ

ここも密かなチェックポイント。

剣ボロを取り付けている縫製の仕上がりや、柄合わせができているか、などメーカーさんの技術や姿勢がわかる箇所です。

カフス

袖口を留める機能的にも、見た目的にも重要なパーツです。

ジャケットを着ていても見えるのは、衿とこのカフスだけですもんね。

こちらも衿同様、いろんなタイプが存在します。

さらに詳しく見たい方はこちらのページを参考にしてください。

関連記事:オーダーするならこだわりたい!シャツのカフスの種類まとめ

最後に

いかがでしたでしょうか。
はじめて聞いたような名称も多かったのではないでしょうか。

普段は使うことは少ないかもしれませんが、シャツをオーダーするときなんかは知っていると便利ですね。

これを機に全てのパーツを覚えてみては?