【ネットの情報それホント?】アクリル絵の具の落とし方

【ネットの情報それホント?】アクリル絵の具の落とし方
<PR>”落ちない”といわれた汚れ、”洗えない”といわれた洋服ありませんか?「あっ!」と思ったらコチラ!

「アクリル絵の具 落とし方」で検索するとたくさん出てくる家庭のしみ抜き情報。
でもその方法でホントに落ちるの?

それをクリーニング店が検証してみる「ネットの情報それホント?」シリーズ、アクリル絵の具編です!

ネット上の情報まとめ

アクリル絵の具の落とし方はついたばかりで乾いてない場合と、完全に乾いてしまった場合の2パターンがあります。

アクリル絵の具に限らずですが、付着した直後と時間が経過した後では状況が一変します。
当然ついたばかりなら落としやすいですが、時間が経つほど落ちにくくなっていきますのでご注意ください。

乾いてない場合

  1. 台所用洗剤とクレンザーを混ぜて歯ブラシで擦る
  2. 手で揉み洗いしてすすぐ
  3. 1と2を薄くなるまで繰り返す

乾いてしまった場合

  1. 除光液をつけて薄くなるまで歯ブラシで叩く
  2. 台所用洗剤で揉み洗いしてすすぐ
 

乾いてないアクリル絵の具

乾いてないアクリル絵の具

乾いてない状態のアクリル絵の具を落としてみましょう。

乾いて固まっておらず、まだ液体の状態です。

試験布にアクリル絵の具をつけて、すぐにしみ抜き作業へ取り掛かりました。

台所用洗剤をつける

台所用洗剤と、

クレンザーをつける

クレンザーをつけて揉み洗いしていきます。

この時に効果を高めるため、歯ブラシで擦るのもよいでしょう。

乾いていない絵具は落ちた

揉み洗い→すすぎを繰り返していくと、ご覧の通りかなり薄くなりました!

完璧とは言えませんが大分落ちましたね。

※作業を続けてもこれ以上は薄くなりませんでした。

完全に乾いてしまったアクリル絵の具

乾いた絵具

試験布にアクリル絵の具をつけて完全に乾くまで放置しました。

ここからしみ抜きしていきます。
ちょっと見るからに手強そうですね・・・。

乾いていない時と同じく台所用洗剤とクレンザーで揉み洗いしてみます。

絵の具が滲んだ

一気にアクリル絵の具が溢れ出してきました。

このまま揉み洗いとすすぎを繰り返します。

絵具が落ない

最終的にはここまで落ちました。

乾いてない時に比べて濃くアクリル絵の具が残っていますね。

除光液を試す

ここで除光液を使用してみます。

除光液をつけて洗っていくと徐々に薄くなり問題なく落とせるとのことですがどうでしょうか。

除光液をつける

・・・ん?

まったく変わりません!!

除光液では落ない

下に敷いたタオルを確認してみてもほとんど落ちていません。

もうこれは言ってしまっていいでしょう。

除光液では落ちません!

さらに、時間が経って絵の具が乾いてしまうと、非常に落ちにくくなるのもわかりましたね。

これはアクリル絵の具に限ったことではないですが、効率よく汚れを落とすためには早めの対応が大切です。

関連記事:時間が経つと落ちにくくなる?!汚れやシミの落としやすさと時間の関係

 

プロがしみ抜きしてみる

プロが染み抜き

除光液で落なかった先ほどの試験布を引き続きプロの設備でしみ抜きしてみます。

作業を再開すると、ご覧のとおり薄くなってきました。

プロが染み抜き2

下のタオルを覗いてみるとご覧の通りアクリル絵の具が落ち始めています。

プロが染み抜き3

さらに作業を進めると完全に落ちました!

いかがでしょうか?
乾いてしまったアクリル絵の具は是非クリーニング店へ!

・・・と言いたいところですが、しみ抜きしている過程で「この薬品で落ちるならアレを使ったらどうか?」と思いついてしまいました。

というわけで、

再チャレンジ!

クレンジングオイルを試す

思いついたアレはクレンジングオイルです。

もう一度完全に乾いたアクリル絵の具を用意して試してみました。

アクリル絵の具にクレンジングオイルをつけて歯ブラシで擦ってみたところ、

クレンジングオイルで落とす

やっぱり!

順調にアクリル絵の具が落ちていきます!

さらに作業を進めると、

クレンジングオイルで落とす2

どんどん落ちていきます!

クレンジングオイルで落とす3

最終的にはここまで落ちました!

これは成功といっていいのではないでしょうか?

ここまでで納得できればご家庭でもOK!
完全に落としたいお気に入りはクリーニング店へご相談ください!

人気の宅配クリーニングサービスを比較する

この記事で使った洗濯グッズ

ビオレ メイク落とし パーフェクトオイル 230ml
ビオレ メイク落とし パーフェクトオイル 230ml

男性の方は、誰かに借りることができればいいですね。

GUM(ガム)・デンタルブラシ #428 (超コンパクトヘッド・ふつう) 1本入 (ブルー・レッド・グレー・グリーン カラーアソート)
GUM(ガム)・デンタルブラシ

歯ブラシは、古いもので十分です。
新品をおろして、使い古したものを使いましょう。

まとめ

今回の実験でわかったことは、

  • 乾く前に落とすこと
  • 乾いてしまったらクレンジングオイルが効果的

この2点です。

さらに作業途中に気づいた注意点を書いておきます。

被害の拡大を防ぐ

洗い始めるとアクリル絵の具が一気に流れ出ます。
ここでやり方を間違えるとしみ部分が広がって被害が拡大します。

必ず水場で作業し、洗いとすすぎを素早く繰り返しましょう。

補足事項

  • 複数種類のアクリル絵の具を試したわけではございません。
  • 成分が異なれば違う結果になるかもしれません。
  • 前途のとおり方法を間違えると被害が拡大する恐れがあります。ご注意ください。
  • 全てのお洋服に適用できる方法ではございません。不安な場合はクリーニング店へご相談ください。